大阪国際女子マラソンの出場選手は?開催はいつ?結果も徹底分析!

この記事は2分で読めます

おはようございます。
わきわき☆すたーダイアリ編集長のワンコロです。
本日は1月28日(日)、来週に迫った第37回大阪国際女子マラソンについて調べてみたいと思います。

大阪国際女子マラソンは1982年から開催されている歴史のある女子マラソンです。
今回はアジア大会の日本代表選考会や東京オリンピックに向けたマラソングランドチャンピオンシップシリーズに向けた選考会の大会でもあります。
女子はさいたま国際マラソン、名古屋ウィメンズマラソン、北海道マラソンと大阪国際女子マラソンから最大2名が先行されます!

スポンサードリンク

出場選手の紹介!

フルマラソンの自己ベストを調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

 

国内招待選手はだれ?

安藤友香 23歳 2時間21分36秒 2017名古屋ウィメンズマラソン 2位

小崎まり 42歳 2時間23分30秒 2003大阪国際女子マラソン 5位

吉田香織 36歳 2時間28分24秒 2017名古屋ウィメンズマラソン 7位

前田穂南 21歳 2時間28分48秒 2017北海道マラソン 1位

古瀬麻美 29歳 2時間30分44秒 2017大阪国際女子マラソン 9位

松田瑞生 22歳 初マラソン! 2017日本陸上選手権 10000m 31分39秒 1位

日本女子最高記録が2時間19分12秒の野口みずき選手です。
そう考えると、安藤友香さんのタイムに期待したいです。
また前田穂南さんは夏の北海道マラソンで優勝しているので、この冬の気候でタイムがあげられればと思います。
ダークホースは松田瑞生さんですね!

海外招待選手はだれ!?

ユニース・ジェプトゥー 2時間26分13秒

フェイサ・ロビ 2時間27分04秒

アニャ・シェール 2時間27分50秒

グラディス・テハダ 2時間28分12秒

イザベラ・トルザスカルスカ 2時間29分56秒

ゴティトム・ゲブレセラシエ 初マラソン 10000mが31分14秒!

そんなに速い選手がいないです!
日本選手も優勝する可能性があります。
なかなか面白いレースの駆け引きが見られるのではないでしょうか?

大阪国際女子マラソンの最近の記録は?

2017年は重友梨佐さんが2時間24分22秒で優勝して世界陸上ロンドン大会に出場されています。
ただ世界陸上の結果は2時間40分6秒と残念な結果で終わりました。
夏の大会なので、厳しかったのかもしれませんね。

2016年は福士加代子さんが2時間22分17秒でリオデジャネイロ五輪に出場されています!
2017年3月17日に6歳年上のマラソン関係者とゴールインされたそうです!
おめでとうございます!
2020年東京オリンピック出場を目指されているそうです。

大阪国際女子マラソンの優勝タイムを見ると2時間24分前後になると予想できます。

安藤友香さん、前田穂南さんが一押しですね!!

大阪国際女子マラソンの結果は!?

結果についてはアップデートされましたら、こちらにまとめたいと思います。

まとめ

1月28日(日)に第37回大阪国際女子マラソンが開催されます!
天候は午前中は晴れ、午後から小雨になるようです。
ちょっと天候が心配ですね。
海外招待選手は有力な候補は見られませんでした。
国内招待選手は安藤友香さんが最有力です!
2017年の名古屋ウィメンズマラソンではユニス・ジェプキルイ・キルワに19秒差で負けてしまいましたが、素晴らしい記録です。
しかも一般参加の優勝です。
大阪国際女子マラソンが非常に楽しみになってきました!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連コンテンツ

2002年1月
    12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031