神棚の簡単な作り方は?費用や必要材料まとめ!

この記事は4分で読めます

みなさん、こんばんは。

 

最近、嫌なことが多いなぁと感じたり、
気分が乗らない、やる気が起きない!
って思う事ありませんか?

 

ついつい機嫌が悪いと周りの人にも当たってしまったり、
言葉遣いがきつくなってしまったりと
悪循環が続いてしまうものですよね。

 

実は私もある友人に、
部屋が汚いと嫌なことが起きるんです!
と言われたことがあります。

 

その友人は、同僚だったのですが、
仕事で嫌なことがあると、それ以上連鎖しないように、
家に帰ったらトイレ掃除します!
って言って帰宅していました。

 

そしてまたその翌日に嫌なことが続くと、
掃除が足りなかったかな?と言って、
また翌日もいろんなところを掃除していました。

 

友人宅はとても清潔で居心地がよく、
とても幸せな空間でした!

一人暮らしの女子らしい可愛らしいお部屋だったんですが、
ふとラックの上に神棚らしきものがあったんです。

 

神棚と言っても
みなさんが想像するようなかしこまったものではなく、
一人暮らしのマンションでも、
さらには女の子の部屋にあっても、
雰囲気を邪魔しないシンプルなものでした!

 

女の子の部屋にあっても可愛いと思える神棚
で検索していたら、
ミリオンセラーになった
『人生がときめく片づけの魔法』
の著者である近藤麻理恵さんも
自宅に神棚をつくって、
自分のお気に入りのグッズや持っている御守などを
お供えしているそうなんです!

 

→『人生がときめく片づけの魔法』を今すぐチェック

 

さらに“マイ神棚”作りもすすめていました!

 

こちらは漫画で読めて、色々私が考えさせられ、
納得した本です!
読みやすいのでぜひ読んでみてくださいね!

 

→『人生がときめく片づけの魔法』を今すぐチェック

 

これは私も真似しなければ!!と思い立って
早速私も作ってみようと思ったので、
今日はその作り方やかかった費用などまとめてみました!

 

簡単な神棚の作り方や準備するものは?かかった費用は?

 

気に入った神棚って言っても、
なかなかオシャレなおうちにはなかなか受け入れ難いものですよね!

 

でも調べて見たらこんな感じで
ガラス天板の上にお札を置くタイプのものや

→Neoシリーズ神棚 Neo 110G ヒノキ+神具セット をチェックする

 

ごくシンプルで一見何かわからない、
カモフラージュされているようなものもありました!

 

かみだな しろ×むく モダン神棚 を今すぐチェック!

 

これら市販のものは大体安く見積もっても
2万〜5万くらいかかってしまいます。

 

でもそんなお金はちょっと出せない!
金欠なの!

 

っていう方のために
簡単で安い手作り方法をお伝えしちゃいます!!

 

一番シンプルな神棚の作り方

 

 『準備するもの』

★白い布や紙 1枚
★神社などで購入したお札
★お水を入れたコップ
★小皿
★塩
★米

 

『かかる費用』

費用は白い紙は10円ほど。
コップやお皿は家にあるもので、塩、米も家にあるもので費用なし。
お札が800〜1000円ほどのため、1000円前後で作成可能でした!

 

『簡単な作り方』

①白い紙または布を準備する
②タンスや棚の上などの高い位置に紙をしく
③紙の中央にお札をおく
④小皿に三角型に塩を盛り付ける
⑤小皿にご飯または米粒を少量盛り付ける
⑥コップに新鮮なお水を注ぐ
⑦中央にコップ、左右にお米の小皿とお塩の小皿を対象に飾る
⑧完成

 

たった
タンスや棚の上など高い位置に白い布や紙の上にお札を置くだけ!
なんです!!

 

すごく簡単ですよね?
(お水じゃなくてお酒でも可!)

 

お札は自分の生まれ故郷に近い神社や、
現在の住まいの近隣の神社、
お気に入りの神社など、
ゆかりのあるところで買うのが良い
とされているようですよ!!

 

神棚の上を人が通らないようにしたいんですけど、
マンションやアパートに住んでいる場合は
構造上難しいですよね。

 

ではどうしたらいいのでしょうか。

 

設置場所の決め方や賃貸物件ではどうしたらいいのか?

 

作り方がわかり、いざ設置!

となっても一体どこに置けばいいのか、わからないですよね!

 

設置場所は寝室・玄関・台所以外の場所に置くこと!

 

さらにできるだけ天井に近くすること!

 

向きは南向き、もしくは東向きが良いとされています!

 

そして神様の場所なので、先ほども言ったように
上を人が通らないところが良いとされているんですが、
マンションや賃貸ではどうしても
上の階の人がいるので、
そのような時は、天井にと書いた紙を置くといいようです!

 

でも印刷では味がないし、
かと言って自分の字は汚くて嫌だなぁ

 

っていう人のために、雲の漢字の檜でできた飾り文字が
購入できるようです!

 

→桧の雲切り文字を今すぐチェック!

 

神棚ってそもそもどういうものなの?

 

神棚って聞くとまず思い浮かぶのはこんな感じですよね??

 

でも、これってちょっと大げさかな?とか
部屋のイメージとちょっと違うなって思う方も多いと思うんです。

 

私も実際そう思っていました。

 

しかし神棚って調べてみると、
そもそも神道の神様を祀るための棚という意味で、
神道というのは日本古来の信仰心からくるもので、
神様は人が祀る時に初めて現れてくれる
と考えられていたため、
神棚を作ってお祈りをしていたと考えられます。

 

つまり、神棚は設置すればいいわけではなく、
毎日お水を変えたり、お花などを飾ったりして、
手を合わせなければいけないものなんですね!

 

そう考えたら気に入ったものを作った方が、
毎日見てもワクワクするだろうし、
宗教とか硬い考えではなく、
昔からお願い事がある時には手を合わせる
ってことの延長でいいんじゃないかな?
と思いました。

 

まとめ

 

神棚は和室に置くもの!一軒家にしかないもの!古いもの!!
って思っていましたが、
調べて見たら洋室に置いても似合うような
モダンな神棚も増えていて、
雑貨店などで売っている
簡単に壁に付けられる棚などを使って、
簡単に、手軽に作れる神棚。

 

自分の部屋に合わせて作れることがわかり、
イメージによってカスタム出来ることがわかりました。

 

あ!参拝は、基本的に朝夕2回ですよ!
仕事をしている人は、朝の出掛ける前と、
夜に帰宅してからがいいですね!

その日の無事と安全、そしてお礼というイメージです。

 

社と同じ、“二礼二拍手一礼”が基本となります。

 

毎日仕事で慌ただしく、
忙しいストレスがたまる日々の生活のなかで、
毎日、神棚に手を合わせて祈る時間を1分でも持つことで、
心にゆとりも生まれてくるのではないでしょうか?

 

少しでも自分を見つめ直したり、
目標を立てたりすることで
その日1日を大切に、
そして冷静な判断力を持つことが
出来るかもしれませんね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連コンテンツ

2004年1月
    12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031