週末に行く応援弾丸旅行とは?平昌オリンピックがみたい!

この記事は1分で読めます

もう間近に迫った平昌オリンピック!
2年後の東京オリンピックの偵察も兼ねて、週末にチャッと日本を背負って頑張っている選手の応援に行きませんか?

飛行時間

東京(成田)から仁川国際空港までは約2時間半、名古屋中部国際空港からだと約2時間、福岡からだと2時間半、広島からは2時間の旅です!

スポンサードリンク

移動手段

オリンピックの観客と一般の旅行客の皆様に快適な移動手段を提供するため、どなたでもKTXの駅から競技場まで無料シャトルバス利用できるようです。 オリンピック大会期間中、宿泊の負担なく競技を観戦していただけるよう、江陵(カンヌン)駅出発を基準に清凉里(チョンニャンニ)行きのKTXが午前1時まで運行され、ソウル地域などでの宿泊が可能です。つまり1日は観戦ツアーをし、もう1日でソウルなどを観光することができるのです。

現地での大会情報確認は‘観衆案内センター’で最新の競技日程、観衆サービス施設の位置また案内、シャトルバスの日程、オリンピックプラザ/パーク内で行われるイベント等の情報が提供してもらえるようなので助かりますね!

スポンサードリンク

宿泊施設

開催都市である平昌、江陵、旌善の近隣約1時間以内の距離(半径90km)には高城郡、束草市、襄陽郡、原州市、横城郡、東海市、三陟市があります。また先ほど伝えたように、1日しか応援しないのであればKTXでソウルのホテルに泊まるのも1つの選択肢です!

まとめ

今回調べてみると平昌、近いですね!週末でも十分いけそうです!ツアーだとかなり値がはっているので、もしチケットを手に入れるルートがある方や、マイルがあるひとは個人旅行もおすすめです!みんなで日本の選手団を応援しに行きましょう!!!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連コンテンツ

2001年1月
    12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031