平昌(ピョンチャン)の開会式と閉会式はいつ?積雪量は?日程と場所まとめ

この記事は1分で読めます

おはようございます!ワンコロです。
朝は寒いですね。布団から出てくるのも億劫になります。
ちゃんちゃんこを着て、まもなく開催される2018年平昌オリンピックについて調べてみました!

平昌オリンピックの開会式と閉会式はいつ!?

2018年2月9日(金)~2月25日(日)の17日間になります!

スポンサードリンク

日程はこちらです。
開会式は2月9日(金)の20:00から21:50の2時間弱です。
閉会式は2月25日(日)の20:00から22:00の2時間です。
日本と韓国は時差がないため、上記の時間でリアルタムに観戦することができます!
しかし、いろいろな大会が目白押しですね!!
2月8日からカーリングとスキージャンプが先行して開催されます。

平昌オリンピックの場所はどこ!?

平昌はソウルの東にあります。

日本と比較すると、ちょうど新潟県あたりになるのですね。
日本海側ですし、雪が多そうです。

スポンサードリンク

平昌オリンピック会場に一番近い、珍富(チンプ)駅はソウル駅から高速鉄道が走ります。
片道1時間31分です。

積雪量が心配!?

すごいです!300億ウォンかけて、製雪装置を各会場に設置しています。
また除雪費用は30億ウォン!
製雪重視ですね!
2011年~2017年の2月平均積雪量は5.6センチだそうです!!
なんか少なくないか!?
最大積雪量は43.5センチだそうです。
ん~、少ない・・・だからこそ製雪に300億ウォンですね!!

  組織委は競技場ごとに人工雪を150センチの高さで積み上げる予定だ。このため、作る雪の総体積は130万平方メートルだ。サッカー場面積に高さ100メートルで積み上げることができる。投入される水も約80万トンだ。21日まで工程率は75%だ。人工雪の製雪費用は300億ウォン(約31億5000万円)だ。

スポンサードリンク

まとめ

平昌オリンピックの開会式と閉会式は2月9日~25日の17日間になります。
開会式が20日を切りました!
まもなく4年に1度のオリンピックが開催されます。
雪の心配が懸念されますが、製雪に300億ウォンかけて準備万端です。
大丈夫そうですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連コンテンツ

2001年1月
    12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031