吉田輝星の甲子園2018全試合の奪三振数はいくつ?記録達成なるか?

この記事は2分で読めます

みなさん、こんにちは!

わんころです。

 

秋田代表の金足農業の吉田輝星投手が熱いです!

第1試合から三振を取りまくって、13奪三振以上を取っています。

本日は準決勝の近江戦!

13奪三振以上を取ると、4試合連続になり、72年ぶりの記録になり、

戦後2人目のレジェンドになります。

 

この近江戦はレジェンド吉田になるのか、または普通のすごい吉田のまま終わるのか?

大切な一戦になります。

調査します。わくわくするぜ!

スポンサードリンク

 

吉田輝星の近江戦の奪三振数は何個!?

 

吉田輝星選手の奪三振数を追記していきますね。

 

さぁ、果たして、吉田輝星選手は何個奪三振を近江から奪うのでしょうか!?

まずは二桁を目指してほしいですね!!

 

1回表 三振 x 1

2回表 三振 x 1

3回表 三振 x 3

4回表 三振 x 0

5回表 三振 x 1

6回表 三振 x 0

7回表 三振 x 2

8回表 三振 x 0

9回表 三振 x 2

合計数 三振 x 10

 

甲子園の奪三振数の記録を調査!

 

2006年、あのハンカチ王子の斎藤佑樹投手が奪三振数の記録を作っています。

3試合連続で13個以上を記録しています。

斎藤佑樹投手ですが、日本ハムファイターズで活躍していますよね!!

 

また板東英二さんも3試合連続で奪三振数を13個以上を記録されています。

ただ斎藤佑樹投手も板東英二さんも、延長の末、13個以上獲得されているので、

吉田輝星投手の1回に取る奪三振の数は圧倒的です。

 

吉田輝星の全試合の奪三振数まとめ

 

スポンサードリンク

こちらが奪三振数のまとめになります。

 

第1試合
鹿児島実業
第2試合
大垣日大
第3試合
横浜
第4試合
近江
第5試合
日大三高
第6試合
大阪桐蔭
打者 39 36 42 36 37
球数 157 154 164 140 134
安打 9 6 12 7 9
三振 14 13 14 10 7
四球 2 2 3 1 0
死球 0 1 1 0 1
打者 1 3 4 2 1
打者 1 3 4 1 1

 

まとめ

 

本日は吉田輝星投手の奪三振数を調査しました。

9回までで奪三振数13以上を連続3試合取っています。

次は準決勝の近江戦の試合になります。

一体、何個の奪三振を取得するのか?楽しみですね。

 

スポンサードリンク

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連コンテンツ

2002年1月
    12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031