野球殿堂入りの松井秀喜!日本球界復帰はいつ?家族は応援しているの?

この記事は2分で読めます

みなさん、こんばんは。
わきわき☆すたーダイアリ編集長のワンコロです。
久しぶりに自分ネタです!
金土日と毎日ビールを飲んでしまいまして、怠惰な生活をしていました。
今日も、帰宅時間は23時30分と遅いです・・・
お菓子を食べたい誘惑に駆られましたが、なんとか我慢して、本日皆さまにお伝えしたいネタを調べてみました!

スポンサードリンク

松井秀喜、野球殿堂入り!

本日、野球殿堂博物館に巨人やヤンキースで活躍した松井秀喜さんが野球殿堂入りを果たしました!
おめでとうございます!

 野球殿堂博物館の表彰委員会は15日、今年の野球殿堂入りを発表した。競技者表彰のプレーヤー表彰で現役時代に連続試合フルイニング出場の世界記録を樹立した金本知憲氏(49)=現阪神監督=と巨人、ヤンキースなどで活躍し、日米通算507本塁打を放った松井秀喜氏(43)を選出。エキスパート表彰では、巨人を2度のリーグ3連覇に導いた前監督の原辰徳氏(59)=現球団特別顧問=を選出した。

松井秀喜さんは現在、米国に滞在中のため、通知式には出席できませんでした。
残念です。アメリカで働いているのですかね・・・

松井氏は自宅がある米国に滞在中のため、この日の通知式には出席できず、父・昌雄氏(75)が代わりに通知書を受け取った。巨人時代からの師匠である長嶋茂雄・巨人終身名誉監督からは、「松井君を1992年のドラフトで引き当てたとき、強い縁といいますか、運命のようなものを感じました。いつの日か指導者としてその手で次代の日本を背負える4番打者を育ててほしいと願っています。それが今の私にとって、大きな夢に一つです」との祝福のメッセージが寄せられた。

松井秀喜の家族は!?

松井秀喜さんは2008年、今から10年ほど前に結婚したそうです。
2006年のオフで知り合った富山県出身のスポーツ関連会社の元社員の女性だそうです。
似顔絵はこちらです!

「(2人の)距離が近づいたのは06年のオフ。それまでも知り合いではあったんだすけど…。一言で言うと、僕が一目ぼれしたという感じです。実際に交際が始まったのは、07年のシーズン中です」。女優だけでなく、一般女性ともかつて噂があった松井だが、33歳にして選んだ生涯の伴侶は8歳年下のスポーツ関連会社の元社員の女性。松井と同じ北陸地方、富山県の出身で秘書のような仕事をしていたが、結婚の1年前に退社。その間、花嫁修業を積んでいたという。

結婚後は外食が減り、自宅のあるニューヨークで妻の手料理中心の生活をしているそうです。
2017年には第2子の次男が誕生しているそうです。
今年、長男は4歳になるので、2013年に誕生しているのですね。

スポンサードリンク

現在の松井秀喜は!?

第2子誕生した松井秀喜さんは、現在、ヤンキースのGM特別アドバイザーとして、マイナーチームの巡回打撃コーチを務めているそうです。
この状態ですが、お子さんの成長も考えれば、日本球界復帰はもう少し先の話になりそうですね。

松井氏は子煩悩ですしね。ただ、これで今後しばらくはニューヨークでの生活をますます重視していくことになるでしょう。そういう意味ではヤンキースのGM特別アドバイザーとして、傘下のマイナーチームで巡回打撃コーチを務める今の生活スタイルが本人に間違いなく一番フィットしていると言えますね。長期間にわたって自宅を離れる必要もほとんどないですし。

まとめ

松井秀喜さんは現在、ニューヨークで家族4人で生活しています。
お子さんも生まれたばかりで、しばらくはヤンキースのマイナーチームで打撃コーチを務められるでしょう。
日本球界の復帰はしばらくなさそうですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連コンテンツ

2002年1月
    12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031