東京オリンピック2020のボランティアの応募期間と募集年齢は?学生も!

この記事は3分で読めます

みなさん、こんばんは!

わんころです。

 

台風12号が近づいていて、翌日の花火大会が延期や中止になっています。

関東地方は風が徐々に強くなってきました。

台風の影響ですかね・・・

みなさん、ご注意ください!

 

台風が関東に近づいておりますが、

東京オリンピックも徐々に盛り上がりを見せてきていますね!

本日は、東京オリンピックのボランティアについて調査したいと思います。

 

学生がボランティアに参加しやすいように、7月8月の試験期間を繰り上げるなど

スポーツ庁と文部科学省が調整している模様です。

期末試験を大会前に終了させるなど特別措置を行う模様ですよ。

そんな中、世間では学徒動員と・・・物騒な言葉で読んでいます。

そんなことないよね。

ボランティアですよ。

参加したい人が参加するのです!!

 

それでは、東京オリンピック2020のボランティアの募集期間や募集年齢について調査したいと思います。

 

ボランティア希望の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

 

スポンサードリンク

 

東京オリンピック2020のボランティアの募集期間は?

 

東京オリンピック2020のボランティアの募集が9月中旬から開始されます。

 

応募期間はこちらになります!

2018年9月中旬~12月上旬

 

募集人数は80,000人ですよ。

 

大会期間中および大会期間前後の10日以上を活動の基本になるそうです。

連続での活動は5日以内だそうですよ。

 

オリンピックとパラリンピックの両方を希望する場合は、それぞれ10日以上の参加になります。

 

1日参加だけとかはダメなのですね。

申し込むには気合が必要ですね。

 

1日の活動時間は休憩や待機を含めて8時間になります。

 

大会運営側が望んでいるボランティア像です。

 

ボランティア経験かぁ・・・

 

  • 東京2020大会の大会ボランティアとして活動したいという熱意を持っている方
  • お互いを思いやる心を持ち、チームとして活動したい方
  • オリンピック・パラリンピック競技に関する基本的な知識がある方
  • スポーツボランティアをはじめとするボランティア経験がある方
  • 英語、その他言語及び手話のスキルを活かしたい方

 

募集年齢はどうなるの??

 

募集年齢はこちらになります。

基本的に現在16歳以上の方は、申し込めますね。

 

2020年に18歳以上の方対象ですね。

 

  • 1. 2002年4月1日以前に生まれた方
  • 2. 活動期間中において、日本国籍又は日本に滞在する在留資格を有する方

 

なので、学生ボランティアを総動員しようとしているのですね!!

 

応募の流れはこちら!

 

スポンサードリンク

 

 

東京オリンピック2020のボランティアの応募の流れはこちらになります。

 

2018年9月中旬から12月上旬に、パソコンやスマホから応募登録します。

 

2019年1月ごろに応募結果が判明する模様です。

 

2019年2月から順次、オリエンテーションに参加します。

 

2019年9月から順次、研修のお知らせを受け取ります。

 

2019年10月から共通研修参加です。

 

2020年3月に役割や会場の連絡が来ます。

 

2020年4月に役割別・リーダシップ研修に参加します。

 

2020年5月にユニフォーム等を受け取ります。

 

2020年6月から会場別研修に参加します。

 

ボランティアの交通費や宿泊施設はどこ?

 

東京オリンピック2020のボランティアの方は、おそらく全国から参加されるのではないでしょうか!?

 

関東から参加する方も、当然、大多数をしめるかもしれませんが、北海道や九州・沖縄から参加する方もいるはず!!

 

気になる交通費や宿泊施設も調査してみました。

 

残念なことではありますが・・・

 

滞在先までの交通費や宿泊費は自己負担です!

 

うわ!

 

まじか!

 

しかし、滞在先から会場までの交通費は一定額相当分の物品などを提供するそうですよ。

クオカードかな?

商品券やプリペイドカードを検討している模様です。

 

当然、食事やお弁当も出るよね!!

 

まとめ

 

本日は東京オリンピック2020のボランティアの応募期間や募集年齢を調査しました!

 

2002年4月1日以前に生まれた方は、ボランティア参加の条件になります!!

 

募集は後1ヶ月後の2019年9月から開始になりますよ。

 

募集人数は80,000人です!!

 

何倍になるのでしょうか!?

 

おそらく全国から申し込みがあると思います。

 

ただ交通費や宿泊費は出ないので、遠方から参加の方は大変ですよね。

 

東京オリンピック期間中は宿も取れないと思うので、宿泊施設を準備してほしいと思う今日このごろですね。

 

さて、ボランティアの待遇はどうなるのでしょうか!?

 

また、新情報をゲットしましたら、追記したいと思います。

 

スポンサードリンク

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連コンテンツ

2003年1月
    12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031