パチンコ換金禁止はいつから?景品の転売や交換は大丈夫?

この記事は3分で読めます

こんばんは

 

本日はパチンコ業界が大きな話題となっています。

菅官房長官がパチンコでの換金禁止を正式発表したのです!!

なぜ換金がいけないのか、また景品交換や転売は可能なのか、

本日は気になるポイントをいくつか調査したいと思います!

スポンサードリンク

 

パチンコ換金禁止法案とは?

 

まず今までパチンコをやったことのある方はわかるかもしれませんが、

結構、今日パチンコで勝ったからお小遣いだよー!!

とか

外食でもするかー!!

なんてお家もあったかもしレません!

 

娯楽であると同時に中毒のように抜け出せなくなる方も少なからずおり、ギャンブルという認識の方が

多いかもしれませんね。

 

そして、一般認識からするとパチンコで勝って、パチンコ屋さんで換金してくる

 

というイメージがあるかもしれませんが、少し違います!

 

まず換金禁止法案を説明する前に少し換金について説明しますね!

 

まず大前提としてパチンコ屋さんが換金してるわけではない!!

これ、知ってました?

私はてっきりみんなパチンコ屋さんで換金してると思ってました!

 

パチンコはそもそも風営法に該当しているので、風営法で定められている事があります。

 

風営法23条

・ 現金又は有価証券を賞品として提供すること。

・ 客に提供した賞品を買い取ること。

を禁止している

出典・風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律,(略)風営法,風適法,風俗営業法,風俗営業適正化法,風営適正化法

 

つまり今回話題となっている、パチンコ換金禁止という事自体が違和感を覚えるのです。

スポンサードリンク

景品の転売や交換は今後どうなる?

 

現金や有価証券以外であれば金額以下の商品と交換するのであれば法的に問題ないです。

 

なぜ今になって換金禁止が話題になるのか?

 

それは今まで上記に記したように、暗黙というか、黙認というか、

今まで換金が近隣の場所でできてしまっているという事実と

 

それをグレーゾーンとしてなのか、警察やテレビなども騒がなかったからだと考えます。

 

しかしその長年のタブーとして触らなかった所に菅義偉官房長官が発言した事で注目が集まっています。

 

官房長官の発言とは?

 

ではどんな発言をしたのでしょうか。

動画がこちらのツイッターでご覧いただけます。

 

 

 

なんと

パチンコのギャンブル性を無いような形にする

と発言されています。

 

この発言が多くの憶測を呼び、

特に換金禁止にするという発言があったわけでは無いですが、

パチンコ換金禁止法案が施行されるのでは?という話題になっているようです。

 

換金禁止になるのはいつから?

 

上記に示した通り、法案が決まるという情報は存在していません。

しかしながら官房長官の発言力は大きく、今後ギャンブル性をなくすという方向になるのは確定になりそうですね。

 

つまりまだ現時点ではいつからとかはわからない、決まっていないという事です。

スポンサードリンク

IR推進法(カジノ法)

 

先日カジノ法が可決されました。

カジノを中心とした統合型リゾートの設立を推進する基本法になります。

こちらはギャンブルです。

 

IR推進法の影響を受け、パチンコも換金禁止になるのではないか?

そして2025年の大阪万博までには換金が禁止になるのでは無いかという見立てがあるようですが

こちらもまだはっきり決定しているわけではなさそうです。

 

しかし数年以内にパチンコ業界や利用者にとって気になる話題となることは間違い無いでしょう!

 

まとめ

まだまだ暫定的な換金禁止法案。

しかし官房長官のいう通り、グレーゾーンだったのは間違いなく、

今後も目が話せない話題になりそうですね!

 

また詳細など決まり次第、追記していきますね!

本日はお読みいただきありがとうございました♡

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連コンテンツ

2003年1月
    12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031