佐藤タカヒロの急死の理由は?『鮫島、最後の15日』の続きはどうなる?

この記事は3分で読めます

みなさん、こんばんは!

わくわく☆すたーダイアリ編集長わんころです。

 

本日は週刊少年チャンピオン『鮫島、最後の十五日』の作者である佐藤タカヒロさんが、

享年41歳の若さでお亡くなりになられました。

 

チャンピオンを観光している秋田書店の公式ホームページで発表されました。

現在連載中の『鮫島、最後の十五日』33号掲載分が最終回になります。

 

スポンサードリンク

 

佐藤タカヒロのプロフィールは!?

 

佐藤タカヒロさんのプロフィールをご紹介したいと思います。

 

ペンネーム:佐藤タカヒロ

本名:佐藤貴広 (さとう たかひろ)

生年月日:1976年7月24日

出身地:山形県酒田市

学歴:仙台デザイン専門学校

 

2000年に週刊少年チャンピオン新人まんが賞の準入選受賞されています。

 

2004年から2006年にかけて柔道漫画『いっぽん!』

 

スポ根好きな方にはおすすめの漫画になります!

感動する名作だそうですよ。

 


2009年から相撲漫画『バチバチ』を連載!

 

バチバチも熱血アニメと評判です。

 


2014年から『鮫島、最後の十五日』を連載中にお亡くなりになられました。

 

最後のクライマックスに向けた話が読めなくて残念という声が沢山聞こえてきます。

 

佐藤タカヒロの死因はなに!?

 

スポンサードリンク

佐藤タカヒロさんの死因を調べてみましたが、情報は出てきませんでした。

 

週刊少年チャンピオンの編集部の方のコメントは・・・

 

「プライベートのことなのでお答えできない」

 

ということでした。

 

佐藤タカヒロさんの直前のコメントを見ても、急にお亡くなりになる理由が思いつかないですよね・・・

 


死因としては、病気や事故などが考えられるかもしれません。

 

ドカベン最終回と水島先生への感謝の言葉を述べている中で、

 

文章の力強さから、なにか不慮の出来事で、本当に急逝されたのだろうと思います。

 

 

『鮫島、最後の十五日』はどうなるの?

 

スポンサードリンク

どのようなクライマックスになるのか・・・

 

もう読んでみて、みんなで想像することしかできないかもしれませんね・・・・

 

こちらが、現在出版されている最新巻になります。

 

 

 

1巻から読んでみるのも、いいかもしれませんね。

 

 

 

 

まとめ

 

本日は週刊少年チャンピオンに「鮫島、最後の十五日」を連載している佐藤タカヒロさんが

 

急逝するニュースを取り上げました。

 

41歳の若さです。

 

死因については、詳細は明らかにされていませんが、

 

急な出来事だったと思います。

 

鮫島対王虎のクライマックスや鯉太郎の行末など気になることが多いですが、

 

読者で想像して、物語を語り合うしかないかもしれませんね。

 

ご冥福をお祈りいたします。

 

スポンサードリンク

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • 山下
    • 2018年 7月13日

    最終回になってしまったこの回の引き方が、どうにもここで終わることをわかっていたかのような美しさだった。作品としての完成度には傷ひとつついていない…
    でもやっぱりもっと読みたかったと言うのが本音、かなしい

      • wakiwaki56
      • 2018年 7月14日

      本当に残念でなりませんね。
      私も続きが読みたかったです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連コンテンツ

2003年1月
    12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031