小柳ルミ子のロシアW杯解説で大炎上!問題発言や世間の反応を調査!

この記事は3分で読めます

みなさん、こんばんは!

ワンコロです。

まもなくベルギー対チュニジアの第2試合がキックオフします!

テレビ朝日で放送されますが、小柳ルミ子さんが解説員として務められていますが、

『チュニジアはベルギーにボコボコにされる』と試合前に、まさかの問題発言です!

結果的にボコボコにされたあとの発言なら、事実ですが、

まだ試合も始まっていないのにボコボコにされると決めつけるのは、

視聴者にとって、またチュニジアの人たちにとって、どうなのでしょうか・・・

今日も大炎上しそうですね。

そんな、小柳ルミ子さんのロシアワールドカップの問題発言や世間の反応を調査したいと思います!

 

スポンサードリンク

 

小柳ルミ子のサッカー大好き

 

小柳ルミ子さんですが、アルゼンチン代表のメッシの大ファンです!

 

なんとメッシの影響でサッカー通になりました。

 

年間2000試合も観戦されているそうです。

 

観戦ノートは100冊を超えると・・・すごい!

 

日本代表の槙野智章選手からは、スカウト担当になってほしいと言われています。

 

サッカーに対する偏見がありますが、サッカー好きは本当ですね!!

 

アルゼンチンvsクロアチア戦の問題発言は?

 

スポンサードリンク

アルゼンチンがクロアチアに0対3で、まさかの大敗をしたときの発言はこちらです!

 

アルゼンチンのバックパスのミスキックに対して、アルゼンチンGKに対して激おこプンプン丸ですよ。

「信じられない。信じられる訳ないよ、あんな不用意なミス。GKカバジェロのミス。目を疑う様なミス。悪夢だよあんなミスは」

「チェルシーで使われない筈(はず)だ。あんな素人みたいなミスするGKじゃ信頼できない。

選手じゃない私でさえ、口から心臓が飛び出しそうな位ムカついた。

選手達の心中を察すると身体が震える。

だけど…ミスをする人って何回も何十回も同じミスをするんだなぁ」

 

ミスする人に対して厳しすぎる・・・

 

メッシ大好きですね。

 

アルゼンチン代表の試合だと偏見で解説しちゃいそうですね。

 

落ち着いてテレビを見たい方はNHK BS1がおすすめですね。

 

「サンパオリ監督の戦術も理解に苦しむ。何故ディマリアを使わなかったのか。ディバラの投入も遅いし、守備陣も悪いし」

「メッシにまでボールが渡せないんじゃ。さすがメッシでも仕事できない」

 

いやはやアルゼンチン代表のカパジェロが可愛そうですね。

 

「クロアチアの守りが良かったとは言え、挽回出来ないのが、今のアルゼンチンの弱さと現実を受け入れるしかない。

全てはカバジェロの信じられないミス。

あれで終わった。

今大会のアルゼンチンは終わった。

4年待ちに待って終わりがこれでは泣くしかない」

 

アルゼンチンは1試合目で、アイスランドと引き分け

2試合目のクロアチアとは0対3で敗れる結果。

最後はナイジェリア戦にかけるのみですね。

 

「3試合目ナイジェリア戦では、メッシのゴールが見たい。悲しくて眠れそうにないよ。メッシが、あんなに感情をあらわにするのを初めて見た」

「今大会のワールドカップは今日で終わった」

 

まだアルゼンチンがナイジェリアに勝って、クロアチアがアイスランドに勝てば、まだ可能性はあるとおもうのですが・・・・

 

ベルギーvsチュニジア戦戦の問題発言は?

 

スポンサードリンク

 

まもなく開始されますが、さっそく問題発言していますよ。

 

小柳ルミ子さんのコメントに品がないと話題ですよ。

 

「ベルギーにぼこぼこにされそうだからチュニジアに頑張ってほしい」

 

 

小柳ルミ子に対する世間の反応は!?

 

スポンサードリンク

 

 

意見が偏っていると話題ですね。

 

 

発言のバランスが問題ですね。

 

まとめ

 

小柳ルミ子さんのサッカー好きは有名です。

 

特にアルゼンチンのメッシはお気に入りです。

 

その小柳ルミ子さんがロシアワールドカップのフジテレビの解説員に選ばれました。

 

そんな小柳ルミ子さんの発言が物議を醸しています。

 

やはり試合前に特定のチームを応援したり、

 

試合後に選手を貶したりするのは、良くないと思います。

 

スポーツなので、負けても勝っても気持ちよく終わりたいですね。

 

スポンサードリンク

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連コンテンツ

2003年1月
    12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031