カナダファンドが東芝WHを買収!ブルックフィールド・ビジネスパートナーズって何?東芝はどうなるの?

この記事は2分で読めます

おはようございます。
わくわく☆すたーダイアリ編集長のわんころです。
本日は東芝のウェスティングハウス(WH)のカナダファンド買収について、調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

カナダファンドが東芝WH買収!

カナダファンドのブルックフィールド・ビジネス・パートナーズが約46億ドルの5200億円で買収すると発表しました!

カナダの大手投資ファンド、ブルックフィールド・ビジネス・パートナーズは4日、東芝の米原発子会社で経営破綻したウェスチングハウス(WH)を約46億ドル(約5200億円)で買収すると発表した。
WHは米国で受注した原発4基の建設費が想定以上に膨らみ、約98億ドルの負債を抱えて、昨年3月に連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請。裁判所の管理下で再建計画の策定を進めていた。買収は、裁判所の認可を得た上で今年9月までに完了させる。
ブルックフィールドは約2650億ドルの資産を運用し、世界各地でエネルギーや交通などインフラ分野に投資をしている。

時事通信より

ブルックフィールド・ビジネス・パートナーズの株価が上がっているそうです!
本日の東芝の株価も上がるかもしれませんね!
年金や環境関連の債務も含まれるそうです。

 

  事情に詳しい関係者によると、ブルックフィールドはWHに入札で最も良い条件を提示して買収を勝ち取り、破綻した米資産の再編も計画している。今回の買収は裁判所と規制当局の承認がなお必要だという。一部詳細がまだ公になっていないとして、同関係者は匿名で話した。

  ウェスチングハウスは昨年3月に破産法適用を申請して以降、新原子炉の建設事業から撤退し、廃炉作業などサービスに注力すると明らかにしていた。
   ブルックフィールド・アセット・マネジメントのPE部門であるブルックフィールド・ビジネス・パートナーズによる提案には、年金や環境関連債務などの継承も含まれる。買収は2018年第3四半期(7-9月)に完了する見通し。

スポンサードリンク

買収資金は東芝に入るの!?

この5200億円のお金はどこに行くのでしょうか?
東芝にお金が入れば損失見積もりの7162億円が削減されますね!
そうすると、東芝の経営の負担が軽減して、株価は上がるでしょう!
次回の四半期決算が楽しみですね。

この結果、4基の受注分にかかる親会社保証額は6561億円で確定。この金額を含め、東芝は海外原発プロジェクト関連の損失見積もり額7162億円を17年3月期の業績見通しに織り込み済みだ。

WHはすでに東芝の連結対象から外れているということは、今の持ち主は連邦破産法を申請したあとはアメリカのなのですかね・・・
そう考えると東芝と関係ないので、株価は動かないと思います。
しかし、おそらく債権者になっていると思うので、連結対象じゃなくても、お金は入ってくるのかも。
新しい情報を入手したら、記事を更新したいと思います。

 ブルックフィールドなどの投資グループはWHの全株式を取得する。

 WHは、2017年3月に経営破綻した。現在は、再建計画の作成を進めており、ブルックフィールドは、買収の完了時期が18年7~9月期になるとの見通しを示した。WHはすでに東芝の連結対象から外れている。

読売新聞より

 まとめ

東芝WHをカナダファンドのブルックフィールド・ビジネス・パートナーズが約5200億円で買収すると発表しました!
東芝はWHの債権者になっていると思うので、お金が入ってくるのではないでしょうか?
そのお金を使って新しいビジネスができるかもしれませんね。
NYダウも+152、ブルックフィールド・ビジネス・パートナーズの株価も3日連続上昇しているそうです。
本日の東芝の株価に注目ですね!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連コンテンツ

2002年1月
    12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031