安室奈美恵がニュースウォッチ9(NHK)で語った話とは?インタビュー内容まとめ

この記事は3分で読めます

こんばんは

 

先日ラストドームライブである

Finallyのオーラスを迎え

引退へカウントダウンが始まった

安室奈美恵さん。

 

 

多くのファンに見守られ

ライブを6月3日に終えました。

東京ドームの外には

少しでも最後を見守りたいと

音漏れ隊がたくさん!!

 

 

そして本日6月4日の

NHK ニュースウォッチ9で

これまで語られなかったあの話や

Finallyni込めた思いなど

語ってくれました!

 

 

 

その内容をまとめてみました!

スポンサードリンク

 

内容

 

 

ファイナルツアーにかける想いは何かありましたか?

→さよならが言える場所を設けてもらえたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

パワーはどこから来ているんですか?

→好きなことをしているので、30.40.50曲歌っても楽しいので、あっという間です。

ちなみに40.50曲踊ろうと思ったらできますか?

→できると思います。自分のできる範囲の流れがあればどこまででもいけると思います。

 

スポンサードリンク

 

人気絶頂で休業した時の不安や大切にしていたことは?

→その時はなんの迷いもなく言ってた。休業しているうちに急に不安になったり焦ったりする時期があって、でもあの1年で焦りや不安を調節できる自分になれた1年だった。その1年があったことでその後、自分を信じたり、ブレーキを踏むことができるようになりました。嫌という程、自分と向き合いました。ひとつ成長したような1年でした。

 

息子さんの存在は大きいですか?

→すごく大きいです。何するにも息子がいての考え方。歌詞とかも変な言葉がないかとかすごく注意していました。

例えばどんなものですか?

→英語にスラングがあったりよくなかったり(の単語が入っていないか)とか、私が何かしてしまうと彼が(息子)後ろ指刺されてしまうって思いながら、いつかママの息子で良かったと言われるためにはどういう姿勢でいればいいのかとか、そういうことも考えつつ、やって来ました。

スポンサードリンク

その後、テレビ出演を控えライブに活動を集中。

→自分に合っているもの、必要なものは何か、必要ないものは何かで引き算していった結果、コンサートだけの究極な感じになりました。歌って踊るスタンスはずっと変わらず、コンサートもただただ楽しかったねと言えるものを作りたかった。

 

 

人間としての生き方は?

→すごくめんどくさい人間なので、そこを本当はシンプルにしたい。色々考えてしまう。寝てても起きててもとにかく考えちゃうから、シンプルに生きていくのが理想だったりする。

 

 

生涯現役はよぎらなかったですか?

→自分じゃないのかなってイメージ。想像できなかったです。

 

揺らぐことはなかったですか?

→なかったですね。大切な時間だけど通過点です。ピリオドを打つイメージであります。打つけど、止まっている感じはないですね。

 

スポンサードリンク

 

そのあとにどんな世界が待っているか?

→あえて考えないようにしてます。9月16日が今のゴールなのでそこめがけて何ができるか精一杯考えていく。ゴールに行った時に何か違うものがポンっと現れるんじゃないかとか期待とワクワク感はあります。

 

 

 

安室さん、あなたに出会えて良かった!

本当に大好きでした!

これからもきっとずっと大好きです!!

 

9月16日が引退とされています。

この日までどのように安室さんが過ごしていくのか

調査し続けようと思います!!

 

スポンサードリンク

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連コンテンツ

2003年1月
    12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031