日大アメフト緊急記者会見の司会者はだれ?危機管理学部の役割を調査!

この記事は3分で読めます

みなさん、こんばんは!

わくわく☆すたーダイアリ編集長のワンコロです。

本日はビッグニュースが飛び込んできました!!

日本大学のアメリカンフットボールの悪質タックル問題で、とうとう内田正人監督と井上コーチが緊急記者会見を開催することになりました!!

やばいですよね。

宮川泰介選手に謝罪会見をさせておいて、自分たち大人は罪を認めず、過ごしてきたのですから・・・

もう、日大は大変な事態ですよ。

そんな緊急会見のなか、司会者が話題になっています!

その司会者が危機管理学部のお偉いさんだというので、お笑いです。

緊急会見の司会者や日大の危機管理学部の役割について調査したいと思います!

スポンサードリンク

これまでの日大の問題点まとめ!

ひどい!日大の弁明や監督、一番の被害者の宮川泰介選手についてまとめております。

本当に日大アメフト部は、もう取り返しのつかない事態です。

日大広報部の弁明に対する世間の反応は?意思疎通不足が悪質タックルの原因?

日大アメフトタックル選手の記者会見の内容は?監督からの指示の有無や動画まとめ

内田正人(日大監督)の謝罪会見や反則行為の動画は?過去のトラブルも調査!

内田監督の『かんせい』と『かんさい』の読み間違え謝罪会見!

 

日大緊急記者会見とは!?

こちらは緊急記者会見の動画になります。

はっきりいって、2時間の動画は長いですよね。

井上コーチは可哀想ですね。

内田正人元監督はなんかなぁ・・・

スポンサードリンク

ネットの反応は!?

ひどいですよね。

これは、まさしく、火に油を注ぐ!記者会見ですね。

また司会者がすごいみたいですよ。

こちらが司会者です!!

日大広報部職員!!

すごい!!身内ですよ。

危機管理部は何やってんだ!!って思いますよね。


スポンサードリンク

司会者に対するネットの反応!!

もう、何も語れません。

日大広報部!

終了です!!

 

 

スポンサードリンク

危機管理学部長のメッセージ!

オールハザード・アプローチ!!!

すごいよね。

どこにアプローチしているのか!?

視点のずれた緊急会見でした!!

「オールハザード・アプローチ」の視点で、
多様な危機を理論と実践の両面から追究します。

 「災害マネジメント」、「パブリックセキュリティ」、「グローバルセキュリティ」、「情報セキュリティ」の4領域を置く危機管理学部は、「オールハザード・アプローチ」の視点で社会の安全を脅かすあらゆるリスクを研究対象とします。法学と危機管理を融合した危機管理学のカリキュラムを、研究者教員と日本の危機管理の最前線で活躍してきた法務省、国土交通省、警察庁などの官公庁出身の実務家教員が連携して展開します。理論と実践のバランスがとれた教育プログラムで、総合的な危機管理能力を養成するのが特長です。高い志をもって学び、将来、社会のさまざまな分野で危機管理をリードする人材となってくれることを願っています。

 

まとめ

本日は日大アメフト部の悪質タックル問題で、とうとう緊急会見を開くことになった内田正人元監督と井上コーチ!

最終的には、世間のみなさんを納得させることもできず、中途半端な会見となりました。

そんな中、日大広報部職員が大活躍で、火に油を注いでいます。

どのように決着を付けるのか・・・日大の危機管理学部の登場が楽しみですね!!

スポンサードリンク

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連コンテンツ

2003年1月
    12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031