西城秀樹の急死の原因はなに?死因は心不全か脳梗塞?お別れ会の日程も!

この記事は2分で読めます

こんにちは

 

御三家と呼ばれていた西城秀樹さんの訃報が報じられました。

西城さんといえば、何と言っても

 

ヤングマン(YMCA)

 

音楽史に残る名曲ですよね。

大人から子供まで参加できる

振り付けで、

様々な場面でこの楽曲が

使用されて来ました!

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

西城秀樹の死因や病気は何?

 

 

西城秀樹さんは享年63歳。

 

まだまだとてもお若いうちの訃報でした。

 

しかし2003年には脳梗塞を

ディナーショーの後に発症。

 

その後は、リハビリなどで回復し、

不自由ながらも元気な姿を

私たちに見せてくれていました!

 

しかしその後2011年に再発。

右半身麻痺という後遺症が残りました。

 

 

 

 

スポンサードリンク

死因は?

 

死因は、「急性心不全」と報じられています。

 

 

日本中の多くの人の記憶に残る

才能を早く亡くしてしまうのは、

大きな損失であることは間違いありません

 

スポンサードリンク
通夜・告別式

通夜は25日午後6時、

告別式は26日午前11時

いずれも青山葬儀所で営まれます。

 

 

西城秀樹さん

 

小学5年生で兄とバンドを組み、

高校時代にジャズ喫茶で演奏していた際に

スカウトされ、家族の反対を押し切って上京しました。

 

1972年(昭和47)3月「恋する季節」でデビュー。

 

郷ひろみさんや野口五郎さんとともに

「新御三家」

と呼ばれトップアイドルとなりました!

 

73、74年と連続して

日本レコード大賞歌唱賞を受賞されており

歌唱力の高さも評価されています。

 

ドラマ「寺内貫太郎一家」(74年、TBS)や

映画「愛と誠」(74年)に出演し、

音楽だけでなく演技にも力を入れ

芸域を広げていきました。

 

特に有名なのが

ハウス食品「バーモントカレー」

こちらのCMには73年から12年間出演しており

 

「ヒデキ、感激!」

 

のキャッチフレーズは商品と共に

大ヒットでした!

 

その後も「炎」(1978年)

「勇気があれば」(1979年)

「ギャランドゥ」(1983年)

に続いて

外国曲のアレンジとなる

 

「YOUNG MAN」

 

では、両腕を使って「Y.M.C.A.」

を表現する振り付けが流行し、

子供から大人まで親しまれました。

 

あの有名なTBS「ザ・ベストテン」で

2週連続で

「9999点」

の満点という唯一の記録を持っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連コンテンツ

2002年1月
    12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031