安田顕のおすすめドラマと映画を調査!正義のセや下町ロケットやショムニで話題に!

この記事は3分で読めます

みなさん、こんばんは。
わくわく☆すたーダイアリ編集長のワンコロです。
本日は『正義のセ』に出演している安田顕さんについて調査したいと思います。
安田顕さんといえば、『水曜どうでしょう』で大泉洋さんとミスターこと鈴井貴之さんと一緒に出演して話題ですね!


そんな安田顕さんの出演されているドラマや映画について調査してみたいと思います!

スポンサードリンク

安田顕のプロフィール

まずは簡単に安田顕さんのプロフィールについて、ご紹介いたします!


名前:安田顕 やすだ けん

生年月日:1973年12月8日

血液型:A型

身長:174センチ

出身地:北海道室蘭市

愛称:ヤスケン

高校:室蘭栄高校

大学:北海道学園大学経営学部卒業

 

スポンサードリンク

安田顕さんですが、大学時代に、演劇研究会に入った時に知り合った先輩の森崎博之さんから紹介され、鈴井貴之さんと知り合いになったことがきっかけで、

OOPARTSに加わり、1998年の完全消滅まで所属していました。

1996年には森崎と大泉洋、佐藤重幸、音尾琢真と共に演劇ユニットTEAM-NACSを結成していましたが、1回限りの公演で解散し就職しました!将来を考えたのでしょうか。

しかし、会社になジム事が出来ず、芸能活動に専念するという理由で入社8か月で退職してしまいます。

 

しかし翌年に森崎が東京から北海道に戻って来たため、TEAM-NACS再結成をします!!

 

劇団upspeak をOOPARTSに所属していたメンバーと共に旗揚げし、主宰としてだけではなく、作・演出もしながら2003年の休止(実質解散)まで活動しました。

 

その後は98年、大泉がレギュラーで出演していた北海道テレビ(HTB)の深夜バラエティ番組で現在も人気の『水曜どうでしょう』に、同局のマスコットキャラクター「onちゃん」のスーツアクター として準レギュラー出演するようになったんです!同番組の人気の広まりと共にTEAM-NACSのみんなの面白さや技術が全国に知れ渡るようになり、NHKの大河ドラマ・連続テレビ小説や、東京キー局の連続ドラマにも出演するなど、東京での仕事が多くなります!!

 

主役というわけではないですが、名脇役!そして存在感をぜひ感じてください!

 

そこで私がオススメする番組をご紹介します。

スポンサードリンク

オススメドラマ

 

その1

SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜

『SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』に海野亮太役で出演しています。

映画のストーリーとしては、特殊能力”SPEC”を悪用する犯罪者に立ち向かう若き刑事たちの活躍を描いた刑事ドラマです。

このドラマで、警察病院の外科医・海野亮太役を演じました。この役が評価され、更に人気が上がりました。

 

その2

HK 変態仮面

2013年には、週刊少年ジャンプで人気を博した『究極‼変態仮面』の実車である『変態仮面』に出演しています。

映画のストーリーは女性のパンティーを被ることで能力が飛躍的に上がる男の活躍を描いたヒーロー映画です。

この映画で、謎の教授・戸渡役を演じています。このドラマで見せた体を張った演技は高く評価されています。

 

その3

問題のあるレストラン(2015年) – 几ハイジ 役

『問題のあるレストラン』は、男社会で理不尽な目に遭った主人公が、同じく傷を負った女性たちや、ゲイとレストランを開き、ライバルの男性たちに戦いを挑む姿を描いたコメディドラマです。安田顕は、ゲイでああるハイジ役を演じました。ゲイの演技が面白いと視聴者に評判でした。

 

スポンサードリンク

オススメ映画

俳優 亀岡拓次(2016年) – 亀岡拓次 役

初めて主役を務めた映画『俳優 亀岡拓次』この映画は現場に奇跡を生むと言われる名脇役・亀岡拓次の姿を描いたラブストーリーです。

安田顕は主人公・亀岡拓次を演じています。

 

映画『聖の青春』

原作は29歳という若さで逝去した実在の棋士・村山聖を描いた小説となっており、腎臓の難病である「ネフローゼ」を幼少期から患いながら、短い人生を将棋に捧げ、生涯をまっとうした村山の生きざまを描いた作品です。

主役の村山聖を松山ケンイチが、そして彼の最大のライバル・羽生善治を東出昌大が演じています。

作品で安田顕は棋士・橘正一郎役を演じており、病床に伏す村山を心配しつつも明るくサポートするという役どころです。名わき役と称される安田の、さりげなく場面を引き立てつつも存在感を感じさせる、そんな演技が期待されます。

 

まとめ

多くの作品に出演されている安田さん。

2枚目俳優から出されるコミカルな演技と、迫真の演技のギャップ萌えです!

名脇役と言われる安田さん、今後の活躍がますます楽しみですね!

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連コンテンツ

2003年1月
    12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031