未分類

夫婦で豊かになる3つの不動産投資(金子みき)の感想と口コミ

不動産投資に興味があり、金子みきさんが書かれている『「夫婦」で豊かになる「3つ」の不動産投資』の本を読んでみました。

こちらの本は2019年6月に書かれた書籍になります。

→ 秘書大家の金子みきさんの本はこちら!

本の概要ですが、プライベートカンパニー(法人)を作ると節税になることや、プライベートカンパニーは合同会社が良い。3時間で法人が作成できると、ノウハウが紹介されていました。特に坂下仁さんの著書の『いますぐ妻を社長にしなさい』から妻社長のメリットも紹介されています。

妻が社長に向いているわけの6つはこちらです。

  1. コミュニケーション力
  2. 巻き込み力
  3. 共生力
  4. 時間割力
  5. ひらめき力
  6. 節約力

になります。

それでは、1つずつ感想をまとめていきます。

プライベートカンパニーの作り方

合同会社がおすすめ!

合同会社のメリットはこちらです。

  1. 1人でも設立可能
  2. 法人格をもてる
  3. 株式会社と同じ税制
  4. 全員が有限責任社員
  5. 任期がない
  6. 決算公告の義務がない
  7. 株式会社へ変更が可能
  8. 設立費用が安い

難しい言葉がありますが、まずは合同会社とは出資者が経営者と同じということです。株式会社は出資者と経営者が異なります。出資者が経営者を選んで経営を任せます。

有限責任とは会社が負債をかかえた場合でも、出資額以上の責任を負う必要がないという意味です。出資者が負債を必要がないという意味です。

デメリットは、社長が代表社員になること、社会的認知度が低いということになります。代表社員とは、株式会社の代表取締役と同じ意味で社員ということなのですね。

定款の事業目的は重要!

定款の事業目的は不動産仲介業や古物商とするとプライベートカンパニーの預金口座作成に許認可証が必要になります。

定款はこちらがおすすめと紹介されています。

  1. 不動産賃貸業
  2. 不動産管理業
  3. 不動産コンサルティング業
  4. 上記各号に付帯する一切の事業

会社設立は3時間で完成!

会社設立の費用は72,000円になるそうです!

こちらで合同会社が設立できます。今ならシステム利用料は2000円で済むのでお得です!!※2019年12月現在

『会社設立ひとりでできるもん』

金子みきさんが不動産ビジネスを選んだ理由

将来の不安から不動産ビジネスに挑戦されています。2人の子供を養っていくためのお金や老後の資産など、不安があり、古家をリフォームして、子育て世代のお母さんの力になろうと選ばれたそうです。

そのため、初めは戸建て不動産に挑戦され、次にコインパーキング、最後は1棟アパート経営されています。

本書のメインとなる3つの不動産への挑戦はすごい経験だと実感しました。

古家戸建て不動産の注意点は?

ボロ戸建てのデメリットはこちらになります。

  1. 建物が古くて現行法を満たしていない。耐震基準を満たしていない。
  2. 建物に価値がない
  3. リフォーム費用がかかる
  4. 融資を受けにくい

になります。

金子みきさんですが、初めはバンブーハウス(竹林に囲まれた戸建て)を50万円で購入しようとされましたが、先に契約されて断念されています。

次に購入されたのが埼玉県の築35年の戸建て350万円です。

物件購入時に確認すべきことは、こちらです。

  1. 路線価を調べる
  2. 現状の写真を撮る
  3. 修繕費の確認をする
  4. 家賃保証に入る ※重要
  5. 普通借家契約 or 定期借家契約

金子みきさんですが、契約時に家賃保証にはいるかどうか迷ったのですが、旦那さんの一言で無事に契約。契約後2年間で11回も家賃滞納と大変な思いをされています。

また家賃滞納時は、大家さんから保証会社に連絡して家賃を入金してもらわないといけないので手間が増えるようです。

ただし、入居者が退去するときに大量の残置物を残していったため、撤去する費用がかかりましたが、それは保証会社が支払ってくれたので、家賃保証会社は契約すべきです。

この後の出来事は、リフォーム費用が150万の予算に対して200万円以上するということで、DIYをするかどうかで、2018年11月末で止まっています。どちらを選択されたのか気になりますね!!

コインパーキングの注意点

金子みきさんですが、大阪市でコインパーキングを初めてスタートされています。

コインパーキングのデメリットはこちらです。

  1. 周知されるまで時間がかかる
  2. 固定資産税率がかかる
  3. 減価償却できる額が少ない(5年)

コインパーキングですが、おそらく借地で行われたようでして、駐車場開設費は機器、設備、設備工事などで合計約280万円かかったそうです。

月の経費が60,000円なので、年間72万円がかかります。売上も紹介されていました。

  • 2016年 約90万円
  • 2017年 約138万円
  • 2018年 約65万円

経費を差し引いた売上でみると、こうなります。

  • 2016年 約18万円
  • 2017年 約66万円
  • 2018年 約7万円の赤字

コインパーキングも無断駐車で、逃げられるというトラブルも経験されているので、コインパーキングの経営もいろいろあって大変です。

最後にアパート経営の注意点

本書の最後はアパート経営について紹介されています。金子みきさんですが、新潟県の原発のある町のアパートを購入されました。

築29年の鉄骨3階建てで、なかなか良い物件だと思います。

アパート経営のデメリットはこちらです。

  1. 建物の管理が必須
  2. リフォーム費用がかかる
  3. 古い物件は銀行評価が出にくい
  4. 空室リスクがある

金子みきさんも新潟県のアパートですが、5世帯のアパートを2490万円で購入されています。利回り11.71%ということなので、年間250万円ほどの利益になるということでしょうか?

購入時は1室空室予定で、さらに2室空室、リフォームしてペット相談などで、なんとかお客さんをつないでいる状態のようです。

ただリフォームするときは、相見積もりは当然ですが、管理会社さんと相談して決めることが重要かもしれません。

口コミ

現在進行形のママ社長の紆余曲折が手に取るようにわかる。
初心者でも不動産投資やママ起業に踏み出す一歩になる。
コインパーキング投資が新しい選択肢として知識が増えた。

普通のOL出身の主婦でもできる不動産投資として再現性がある話と感じた。

文章が読みにくくて、わかりにくかった。二重敬語が多い。

ママ社長になりたい方、参考になります!

物件を買うまでのエピソードや買ってからのトラブルなど、等身大の実例が盛りだくさん。
実際の数字も公開されていて、チャレンジしたい気持ちになる。

等身大の努力と実感が溢れた文章。
ご夫婦で取り組まれてきた実績。素晴らしい夫婦。

などが評価として書かれています。二重敬語のところは、別にそれほどでもなかったと思います。文章も読みやすくて、後半の実例は非常に参考になります!

また、坂下仁さんと古川美羽さんの対談はおすすめです。

感想

不動産投資ですが、常に出口を考えて投資を初めないといけないことが実感できました。どんな建物の、どのくらいで利益を回収して、次の不動産投資をしていくかで、変わっていくと思います。

また不動産投資はほったらかしで増えていくので楽なイメージがありましたが、戸建てやアパートの空室の場合は、いろいろ考えないといけないので、それほど自由ではないかもしれません。

ただ入居者さんに恵まれれば、副業としては、良いビジネスと感じました。