大泉洋主演の騙し絵の牙のあらすじや登場人物を調査!上映はいつ?

この記事は2分で読めます

みなさん、おはようございます。

わくわく☆すたーダイアリ編集長のワンコロです。

本日は大泉洋さんをイメージして執筆された小説騙し絵の牙』ですが、なんと映画化決定!主演は大泉洋さんということで、あらすじや登場人物、また上映映画館はどこなのか?いつから上映!?と疑問点を調べてみました!

『騙し絵の牙』の作者は塩田武士さんです。

この『騙し絵の牙』ですが、2018年本屋大賞ノミネート作になります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

騙し絵の牙のあらすじ

2018年本屋大賞にノミネートされている塩田武士さんの同名小説をもとにした作品です。

出版業界を舞台に、雑誌編集長・速水輝也が廃刊を回避しようと奔走する物語になります。

小説の発案当初から芸能事務所、出版社、作家が映像化を見据え、プロジェクトを進めてきたため、大泉洋さん主演も当然なのかもしれませんね。

大泉洋さんはちょっと心配していたみたいですね笑

こんなコメントを残されています。

今はただただこの主役の話が、ちゃんと自分にきたことに安堵しております(笑)

主演の速水輝也役を演じる大泉洋さんですが、表の顔は、だれでも愛される人たらし、笑顔の裏に深い影を持つそうです。

つまり笑顔の裏が騙し絵で、本来の速水輝也が牙を向けるのではないでしょうか?

となると廃刊になりかけた、雑誌は、見事復活!?ってストーリーになるのではないかと予想です。

スポンサードリンク

騙し絵の牙の映画化のきっかけは?

この映画ができたきっかけですが、なんと大泉洋さんが「僕が主演できるような小説ない?」という編集者のラブコールから、塩谷武士さんに執筆依頼となり企画がスタートしたそうです。

大泉洋さんのコメントが秀逸です!

ついに! 「騙し絵の牙」映画化、現実的に動き始めました!! そもそものきっかけは、「映像化された際に僕が主演できるような小説ない?」と長年尋られ続けた編集者が、「もう私がつくります!」と、塩田さんへ執筆依頼に伺ったことから始まった企画でした。今はただただこの主役の話が、ちゃんと自分にきたことに安堵しております(笑)。
もともと私に当て書きして頂いた作品ですからこの「速水」という役については本来なんの役作りも必要ないはずなんですが、なんせ物語は出版界を舞台にして、自身が手掛ける雑誌の存続をかけて会社と対決していくという、骨太な社会派作品のため、結局えらい難しい役になっております! なんでもっと簡単な作品にしなかったのかと今更後悔しております(笑)。しかし、塩田先生の原作は最高に面白いので、必ずや面白い映画になると確信しております! 原作を読んでいただいた皆様、お待たせ致しました! いよいよ小説の中の大泉が、映画になって、スクリーンに登場します。楽しみにお待ち下さい。

きっかけは大泉洋さんから始まりましたが、小説の評価も高いですね。

面白い作品に出来上がっているようです。

映画を見てから、小説を読むのも、小説を読んだ後に、映画を見るのもどちらも楽しめそうですね。

スポンサードリンク

上映はいつ?

本日、映画化が手動することが判明しました。

まだ映画作品は完成していないため、上映スケジュールについての情報もありませんでした。

今から映画を作り始めたら、上映は夏頃?になるのではないでしょうか?

まとめ

本日は大泉洋さんをあてがきにし、かつ主演が決定した「騙し絵の牙」について調査してみました。

映画化決定の理由が、大泉さんによる編集者へのリクエストから始まった企画としってびっくりです。

映画化になる前から本屋大賞ノミネートなど注目を浴びています。

本の内容も評価が高いため、面白い映画になること間違いなしですね!!

スポンサードリンク

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連コンテンツ

2002年1月
    12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031