コインチェックから流出したNEMの闇サイト(ダークウェブ)はどこ?社長は逮捕?

この記事は2分で読めます

みなさん、おはようございます。
わくわく☆すたーダイアリ編集長のワンコロです。
本日はコインチェックから流失した仮想通貨NEM、総額580億円分ですが、ほぼすべて闇サイトで交換されて、第三者に渡ったことが判明しました。
1月下旬、サイバー攻撃で外部に流失したNEMですが、結局、犯人は捕まえることができぬまま、最終的に3月22日の18時45分に売り切れです。
580億円分もマネーロンダリング!すごいですね!!

スポンサードリンク

闇サイトはどこ?

闇サイトの場所を探してみましたが、見つかりませんでした。
ただ闇交換所で売り飛ばされた後の画像はこちらのようになっているようです。
580億円もあれば、もう犯人の生活が一変しますね!
2017年4月に英国の大衆紙が配信した記事についたコラージュが元になったそうです!

スポンサードリンク

しかしコインチェックから流失した仮想通貨の闇サイトを作った犯人ですが、すごいですね。

「不正流出を企てたハッカーは、検索エンジンには引っかからないサイトで、NEMを他の仮想通貨に交換しています。犯人はそうした匿名性の高い通信技術を用いているので、特定が極めて困難。犯人逮捕という意味で、捜査は迷宮入りを余儀なくされています」

こりゃ普通の人がサイトがどこか調べようにも、なかなか見つからないですね。

警視庁生活安全部のサイバー犯罪対策課も、海外サーバーや暗号化ツールで何重にガードされると、手も足も出なくなるそうです。
捜査は迷宮入りです。

スポンサードリンク

コインチェックはどうなるの?

この年度末のタイミングで、すべてを売り切られたコインチェック!
もう、お金は取り戻すことはほぼ不可能ではないでしょうか?

しかし、コインチェックは大丈夫です。
なんと月間取引高が4兆円あって、コインチェックの売買手数料だけでも月に1000億円はくだらないそうです。
580億円相当のNEMの補償はやはり問題なさそうですね!!

しかし社長は逮捕されてしまうのでしょうか?
和田社長は3食コンビニ弁当でいいくらいで、私腹を肥やすような人ではないみたいです。
改正資金決済法とかいう法律の違反で逮捕しようとしているみたいですね。

なんだかホリエモンの時のように、小さな会社の社長は逮捕されてしまうのかなぁ。
東芝の社長は問題なかったのになぁ。

スポンサードリンク

まとめ

本日はコインチェックから流失したNEMがほぼ全量交換されてしまった記事をお伝えしまいた。
闇サイトの場所は特定できませんでしたが、最後はサンキューと某有名人で幕をおろしています。
次の動向は、コインチェックの社長がどうなるのか?コインチェックが倒産しないのかに焦点になりそうですね。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連コンテンツ

2002年1月
    12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031