ティラーソン国務長官が辞任した理由はなに?後任人事を調査!

この記事は2分で読めます

おはようございます!
わくわく☆すたーダイアリ編集長のワンコロです。
本日はアメリカの国務長官辞任についてのニュースを調査したいと思います。
アメリカ合衆国国務長官と言えば、アメリカの外交を担当する閣僚です。
日本でいうと外務大臣の河野太郎さんですね!
その外交を担当するティラーソン国務長官が突然解任されました。
トランプ大統領は歯に衣着せぬ発言で有名ですが、またかなり大胆な行動ではないでしょうか!?

スポンサードリンク

解任理由はなに?

ティラーソンさんですが、北朝鮮問題を意欲的に取り組んでおり、3月9日にアフリカ歴訪中に、自発的な辞任を勧められたそうですが、断ったそうです。
するとトランプ氏が解任を決断し、14日からサリバン国務副長官が代行、31日に正式辞任することになりました。
次期国務長官はCIAのポンペイ長官の就任が決定しています!
またゴールドスティーン国務次官も12日に辞任することになりましたが、トランプ氏の解任だそうです。

スポンサードリンク

 


政府関係者によると今回の解任劇ですが、『北朝鮮との首脳会談や貿易分野でのさまざまな交渉にむけて人事刷新のタイミングを計った』だそうです。
うそですね!
きっとティラーソン氏はトランプ氏に反対意見を述べていたのではないでしょうか・・・?
12日に解任された国務次官のゴールドスタイン氏はティラーソン氏の正式な解任を知ったのはトランプ大統領のツイッターだそうです笑
ツイッター解任!すごいぜ!アメリカ!

なんとトランプ氏!後任にポンペイ氏とは『波長が合う!非常に良い関係だ』と話しているそうですよ。
まぁ、ティラーソン氏も2017年秋にトランプ大統領のことを『マヌケ』と呼んだため、怒りを買っていたそうです。
ティラーソン氏も大人げないのかもしれませんね!!

ツイッターのつぶやきの中には『ゴールドマン・サックスの顔色を伺う政治家は首を切られる』とあります。
ゴールドマン・サックスのCOOのゲイリー・コーン氏は経済担当大統領補佐官を務めていましたが、2018年3月6日に退任が発表されています!

スポンサードリンク

後任のポンペイ氏とは?

マイク・ポンペイ氏は第24代中央情報局CIAの長官です。
なんとポンペイ氏、2017年5月に金正恩の暗殺を試みたと北朝鮮から発表されています。
また北朝鮮を専門とした部署も新設しているそうです。
金正恩暗殺など過激な思想の持ち主かもしれませんね。

スポンサードリンク

まとめ

本日はアメリカ合衆国の国務長官だったレックス・ティラーソン氏について調査してみました。
去年の秋頃、ある会議後にトランプ大統領のことを間抜け呼ばわりしたと報じられたため、関係化が悪化し、さらに北朝鮮問題や貿易問題の影響で、さらに関係が悪化。
突然の解任劇に発展しました。
次の後任はポンペイ氏ですが、北朝鮮強硬派のようですね。
CIAの、水攻めの拷問に対して、オバマ大統領が規制したそうですが、自身は『拷問者じゃなくて愛国者だ』と発言している面でも、トランプ大統領と同じ系統の人物かもしれません・・・
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連コンテンツ

2002年1月
    12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031