9区と10区はピクニックラン!青山学院の原監督が王者の奢り?8区の下田裕太がすごい!

この記事は2分で読めます

今日は1月3日の朝です。8時スタートする箱根駅伝往路、楽しみですね。
昨日は東洋大学が4年ぶりの往路優勝を果たしました。3年連続青山学院だったので、やっと王者に一泡吹かせた感じですかね。

第94回東京箱根間往復大学駅伝第1日は2日、東京・大手町から神奈川県箱根町までの5区間、107.5キロに関東の20校とオープン参加の関東学生連合を加えた21チームが参加して行われ、昨年総合2位だった東洋大が4年ぶり6度目の往路優勝を果たした。1区の西山和弥がトップに立ち、リードを守りきった。

総合4連覇を目指す青学大が2位、早大が3位だった。3日の復路は5区間、109.6キロで実施される。

日経新聞より

スポンサードリンク

青山学院と東洋の差は!?

東洋大学は5時間28分29秒のタイムでゴールしました。青山学院との差は、たったの36秒差です!
3位の早稲田とは1分54秒差
4位の拓殖大学は4分以上差があります。優勝は厳しそうですね。

往路は、東京・大手町から神奈川県箱根町までの5つの区間、107.5キロのコースで争われました。1区で東洋大は1年生の西山和弥選手が18キロ手前で総合4連覇を目指す先頭の青山学院大を追い越して、そのままトップでつなぎました。
東洋大は2区の2年生、相澤晃選手が安定した走りで首位を守ると、3区ではエースの3年生、山本修二選手が区間賞の走りで2位の青山学院大との差を46秒に広げました。
その後も東洋大は4区、5区ともに1年生が走ってトップを譲らず5時間28分29秒のタイムで4年ぶり6回目の優勝を果たしました。
2位はトップと36秒差で青山学院大、3位は早稲田大、4位は拓殖大、5位は法政大でした。法政大は「山登り」の5区で2年生、青木涼真選手が9人抜きの快走を見せました。
東京に戻る3日の復路は、午前8時に箱根町をスタートし、2日間の合計タイムで総合優勝が決まります。

NHKより

ピクニックランって何?

そんな2位の青山学院の原監督ですが、8区にエースの下田裕太を投入濃厚!

スポンサードリンク


下田で勝負をつけて、9区と10区は独走したいということで、ピクニックランといってしまったのでしょう。

 3日の復路の6区には3年連続で走る「山下りのスペシャリスト」の小野田勇次(3年)がいる。原監督は「東洋大は調整がばっちりなので、平地での逆転は難しい。6区で逆転し、逆に30秒差をつけたい」と話す。復路のエース区間8区には10代マラソン記録を持つ、エースの下田裕太(4年)の投入が濃厚。「下田で勝負をつけたい。9、10区はピクニックランで行けるようにしたい」と続けた。

日刊スポーツより

下田裕太は2年、3年のときに箱根復路8区で同タイムの1時間4分21秒で区間賞を2年連続獲得しています。

2016年シーズンは、出雲駅伝と全日本大学駅伝では本来の実力が発揮出来なかったが、箱根駅伝では2位以下のランナーに下田だけで4分以上の差を広げ、また区間タイムも2位以下のランナーに2分以上の差を付け、前年に続いて1時間4分21秒のタイムでそれまでの悔しさを晴らす快走を見せ、2年連続で区間賞を獲得した。

Wikipediaより

 

箱根駅伝復路始まりした

青山学院は小野田 → 林 → 下田 → 近藤 → 橋間だそうです。楽しみですね。

まとめ

原監督の9区、10区のピクニックラン発言は、8区の下田裕太の実績によるものなのですね。
箱根駅伝の復路の見どころは6区、7区、8区のレース運びになりそうです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連コンテンツ

2002年1月
    12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031