蒼山日菜(切り絵)の経歴まとめ!結婚·離婚·子供について調査!

この記事は2分で読めます

横浜市出身の切り絵作家の蒼山日菜さんについて調べてみました。蒼山日菜さんは1970年12月29日生まれ、現在47歳です。
22歳(1992年)のときに海外旅行で知り合ったフランスで前夫のドミニク・ロシュさんと出会いました。

スポンサードリンク

離婚したのはいつ?

ブログの中には、子供が18歳までは離婚しないと書かれています。
1992年にドミニクさんと出会い、3ヶ月後に同棲して、3年後(1995年)にリョウ君が誕生したそうです。
そうすると2013年ごろに離婚されたのではないでしょうか?

スポンサードリンク

 

旦那さんはどんな人?

切り絵の仕事が忙しくなって、旦那さんの相手ができなると、奥さんに嫉妬していたようです。
40歳の反抗期のもう1人の息子と書かれていました。
息子の休みとずらして、月火を休みにする念の入れ方です。
個性を重視するフランスとしては珍しく、家庭的な男性ではなかったのでしょう。
息子さんともほとんど会話はなかったらしく、蒼山日菜さんが父親代わりだったようです。

スポンサードリンク

 

切り絵をはじめたのはいつ?

2000年から切り絵を始められたそうです。
その5年後に市の依頼で個展を開いて、大喝采をあびました。
2008年にペーパーアート国際グランプリでアジア人初のグランプリを獲得されました。

フランスの法律は?

フランスの親権は日本と違って、共同親権という制度になっています。
子供は一個人であり、私有物ではなく、日本のように片親が親権者となるわけではないようです。
蒼山日菜さんのブログにもあるように、週の半分は父親、半分は母親だそうです。

フランスにおいては、両親が結婚していても、民事連帯契約(P.A.C.S.)の関係にあっても、また、事実婚の関係にあっても(子供に対する認知があれば)、親権は両親が行使するのであり、離婚や別離があっても、原則として共同親権のままであり(民法典第373-2条)、両親と子供との関係は維持され、両親は互いに他方の親と子供との関係を尊重しなければなりません。
この点、日本では、両親が結婚関係を継続している間は、親権は共同で行使されますが、離婚後は、共同親権が認められておらず、一方の親が親権者となるのであり(単独親権、民法第819条第1項)、フランスの制度と大きく異なっています。

スポンサードリンク

 

しかし、片親がダメダメ親父の場合はどうなるのかなぁとふと疑問に思いました。

まとめ

蒼山日菜さんの離婚を調べてみました。
プライベートな情報なので、明確な時期はわかりませんでした。
予想ですが2013年ごろ、息子さんが18歳の頃が蒼山日菜さんの人生の転機だったのではないでしょうか?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連コンテンツ

2002年1月
    12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031