箱根駅伝の往路1区にアンパンマンカーが出現!ナンバープレートの位置で道路交通法違反になる?

この記事は1分で読めます

本日の箱根駅伝往路でアンパンマンカーが現れました。
アンパンマンカーのナンバープレートはフロントガラスのワキにおいてあります。

道路交通法について

道路交通法にはナンバープレートの識別に支障が生じないように、見やすい位置に設置する義務があります。
平姓28年4月から被覆、シール、回転することが禁止されます。
平姓33年4月からは、更に角度、フレーム、ボトルカバーも明確に基準が設けられます。

ナンバープレートは見やすい位置に設置と書かれていますが、所定の場所など、義務があるのでしょうか?

(自動車登録番号標等の表示)
第八条の二 法第十九条の規定による自動車登録番号標及びこれに記載された自動車登録番号の表示は、自動車の運行中自動車登録番号が判読できるように、自動車登録番号標を自動車の前面及び後面の見やすい位置に確実に取り付けることによつて行うものとする。

フロントガラスの中は問題のようです。見やすい位置がポイントなので、定位置よりも右側や左側に移動しても問題なさそうですね。

アンパンマンカーについて

黄色のナンバープレートなので軽自動車ですね。
フロント部分と屋根の部分もかなり改造していますね。

最後はどうなったの?

アンパンマンカーは、最後はナンバープレート設置違反で捕まったようです。
読売テレビの箱根駅伝でアンパンマンカーは、すごいコラボレーションですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連コンテンツ

2001年1月
    12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031