スポーツ

亀田興毅が現役復帰!ライセンスや年齢制限は?河野公平に対戦を挑むの?

1月1日のAmeba TV『亀田大毅に勝ったらお年玉1000万円』の番組終盤で、亀田興毅さんが現役復帰を電撃発表しました。

「大毅も凄い戦いしてくれましたね。最後ちょっとねやり残した、やらなければいけない試合があるんじゃないか。それがどういう形で出来るかわからないけど、もう1回リングに上がろうかと思います」


亀田興毅さんは1986年11月17日生まれ、現在31歳です。日本のプロボクサーの年齢制限は36歳なので、まだ大丈夫です。

亀田興毅の経歴について

プロデビューは2003年12月の17歳の頃です。
2015年10月、河野公平とのWBA世界スーパーフライ級タイトルマッチで敗北して、現役引退しています。
引退から2年2ヶ月がたった今、「やり残した試合がある」ということで現役復帰を目指すそうです。
35戦33勝2敗です。
亀田興毅はフライ級(108-112ポンド)からバンダム級(115-118ポンド)で戦って、最後に体重を落としてスーパーフライ級(112-115ポンド)を狙って戦って敗北したのですね。
やり残したというのなら、やはりスーパーフライ級のタイトルだと思います。

亀田興毅のライセンス

プロボクシングのライセンスですが、有効期限は1年です。毎月1月に自動更新されます。
ということは、プロテスト再受験して、ライセンスの取得が重要です。

河野公平と対戦するの?

河野公平はまだ現役で戦い続けているようです。
ただ最近は敗北も目立ちます。最近の10戦は5勝4敗1引き分けです。
スーパーフライ級で戦っていますね。

もし亀田興毅も現役復帰するのなら、きっとスーパーフライ級で復活して、河野公平に戦いを挑むと予想します。