井上大仁(MHPS)のプロフィールや経歴まとめ!高校大学や彼女を調査

この記事は2分で読めます

みなさん、おはようございます!
本日は東京マラソン2018に出場する井上大仁選手について調べてみたいと思います!
井上大仁選手は、山梨学院大学で主力選手として活躍し、実業団ではMHPS(三菱日立パワーシステムズ長崎)で駅伝で大活躍しています。
2017年の東京マラソンでは2時間8分22秒で日本人1位です!!今年の2018年の東京マラソン!!期待されています!!

スポンサードリンク

井上大仁の経歴は?

なまえ:井上大仁 (いのうえ ひろと)

生年月日:1993年1月6日 25歳

身長:165センチ

体重:51キロ

出身地:長崎県

高校:鎮西学院高等学校

大学:山梨学院大学

所属:MHPS 三菱日立パワーシステムズ長崎

スポンサードリンク

スポンサードリンク

東京マラソン2017の結果は!?

2017年2月開催の東京マラソン2017(同年世界陸上ロンドン大会・男子マラソン選考会)へ自身2度目のフルマラソンに出場です!
レース序盤は海外勢のハイペースについていったが、9Km手前で自重しマイペースに切り替えています。
終盤の38Km過ぎでペースの落ちた設楽悠太を追い抜き、井上が日本人首位に立ちます!
前に人がいたら、追いつく精神、重要です。
それ以降も山本浩之(総合10位・日本人2着)らの追い上げを振り切って、男子総合8位のゴールながら2時間8分台と自身初のサブテン(2時間10分未満)を達成!
結果、川内優輝・中本健太郎のベテラン勢と共に、世界陸上ロンドン大会男子マラソン日本代表へ初選出されました!!

ただし世界選手権では、30キロ付近で完全脱落して、日本人3位の26位で終わりました。
ただ2時間16分54秒は記録としては残念ですが、夏の大会ですし、いろいろ学んだ部分があるのではないでしょうか?
東京マラソン2018には、高校、大学、社会人で培ってきた力を発揮してくれるのではないかと期待しています!!

2時間6分を切って、日本記録の2時間6分16秒を更新してほしいですね!!

スポンサードリンク

 

彼女はいるの??

井上大仁選手は彼女がいるのか・・・調べてみましたが、情報は出てきませんでした。
しかし話し方や謙虚な雰囲気から、設楽悠太さんのようにバレンタインデーでたくさんのチョコをもらって、東京マラソンの後に食べまくると宣言していましたが、たくさんではなくても本命チョコはもらっているのではないでしょうか!?

三代目山の神の神野大地さんが彼女がいるやつは速くなると言っていたそうです。
井上大仁選手、MHPSに所属して、さらに東京マラソン2017ではサブテンを達成しているので、私は彼女がいると信じています!!

まとめ

本日は東京マラソン2018に出場する井上大仁選手について調べてみました!
今回の東京マラソンは東京オリンピック2020の男子マラソンの2枠を争うマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)への出場権をかけた大会でもあります。
日本人3位以内で2時間11分以内では出場可能です。また日本人6位以内で2時間10分以内でも出場することが可能です!
まずは2時間10分以内のタイムを出して、さらに上の2時間6分を目指して頑張って欲しいですね!!
がんばれ!!井上大仁選手!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連コンテンツ

2002年1月
    12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031