ウィリアムソン師円(シェーン)選手 (パシュート/日本)の経歴や家族、彼女について調査

この記事は2分で読めます


男子パシュートにイケメンがいると話題です!
イケメン好きなので、調査してみました(笑)

プロフィール

名前:ウィリアムソン 師円
(ウィリアムソン シェーン、英:Shane Williamson)

誕生日:1995年4月28日

経歴

オーストラリア出身の父と日本人の母の間に生まれる
名前の由来は父が好きなアメリカの西部劇映画の
「シェーン」からだあそうですよ!!
父は競走馬の調教師であり。
ウィリアムソンも幼少時より乗馬に親しむも
牧草アレルギーのためにその道を断念したそう。
6歳ごろからスケートを始め、浦河町立浦河第二中学校の3年の時、
全国中学500メートルで3位に入ることで本格的にスケートを志し、
北海道を出て山形県の山形中央高等学校に進学する
当初は500メートル短距離の選手であったが、
後に5000メートル長距離に転向している。
随分急に長距離に変わりましたよね!!何があったのでしょう?
高校在学中に全日本距離別選手権で3000、5000メートルで優勝し、
5000メートルでは日本のジュニア記録および高校記録となる6分24秒81の記録を持つ。
やはり幼少期から才能はあったのですね!
2013年12月28日、長野県のエムウェーブで行われた代表選考会でも優勝して
ソチオリンピック代表選手に選ばれています!!

父の母国オーストラリア代表からも誘いがあったが、生まれ育った日本代表を
選んでくれたようです♡
しかし残念ながら2014年2月8日、ソチオリンピックの男子5000メートルに
日本勢として唯一出場するも最下位に終わってしまいます。
同年春の高校卒業後は日本電産サンキョーに入社されています。

成績

2014年12月の全日本スピードスケート選手権大会で、総合153.163点の日本新記録で初優勝を達成した。

2016年2月の世界距離別選手権では、マススタートで8位となった

2016年10月に行われた第23回全日本距離別選手権大会で、
ウィリアムソンは5000メートルに出場し、
6分26秒75の大会新記録で2年ぶりの優勝を果たした

2017年12月2日、カナダのカルガリーで行われたワールドカップ(W杯)第3戦
にて団体追い抜きにて、中村奨太、一戸誠太とともに望み、
3分38秒65の日本新記録で2位に入った

2017年12月30日、平昌五輪代表選考会にて、
男子1500メートル、マススタート、チームパシュートの日本代表に選ばれた

輝かしい経歴の持ち主ですよね!!
こんなイケメン、女子がほっとくわけないので
彼女について、結婚について調べてみました

彼女について

調べてみたのですが、それらしい情報はやはりなく。。。
でもきっと彼女いますよね。。

だってこれみてください⬇︎

ラブラブですよ♡

っと思ったら平昌五輪の広野選手でした(笑)
でもでもきっと素敵な女性が周りには溢れていることでしょう!

 

まとめ

今回彼女については信憑性の高い噂は見つかりませんでした。
今はとにかく平昌五輪頑張ってほしいです!!

応援しています!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連コンテンツ

2002年1月
    12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031