津久井萌(ラグビー)の経歴まとめ!高校や両親を調べてみた

この記事は2分で読めます

みなさん、こんにちは
本日は2月18日の日曜日11:15からフジテレビで放送されるミライ☆モンスターに出演する女子ラグビーの高校3年生の津久井萌さんについて調べてみたいと思います。
津久井萌さん、昨年、高校生で唯一日本代表として出場して、世界のベスト15に選出されました!
すごいです。


スポンサードリンク

津久井萌の経歴は?

名前:津久井萌 (つくい もえ)

生年月日:2000年3月28日 17歳

出身地:群馬県高崎市

高校:東京農業大学第二高等学校

身長:152センチ

体重:53キロ

愛称:もえちゃん

津久井萌こともえちゃん、5歳の時に、1つ年上の兄の影響で、高崎ラグビースクールに通い始めたそうです!

笑顔がすごい素敵ですね!
日本代表サクラフィフティーンの9番、スクラムハーフ担当です!

スポンサードリンク

申し訳ございません。両親については調べてみましたが、情報が出てきませんでした・・・

スポンサードリンク

W杯の結果は?

2017年8月9日から26日までアイルランドで第8回女子ラグビーワールドカップが開催されました。
15人制ラグビーの女子日本代表は15年ぶり4度目の出場を果たしました!
前回は2002年の第4回女子ラグビーワールドカップに出場して、初戦でスペインに62-0で完敗しています。

予選プールではフランス、アイルランド、オーストラリアに完敗、順位決定戦ではイタリアに破れ、最終戦で香港に白星をあげて11位の結果でした。
なんとか全12チームの中では最下位になることは免れました!

津久井萌さんですが、当然ですが、最年少、身長も152センチと出場選手の中では、もっとも小柄だったそうです。
そりゃ、欧米人の女性は、こういっちゃなんですが、サッカーでも、男子並の体格の選手がゴロゴロいますよね・・・

選出理由は!?

津久井萌さんがベスト15に選出された理由は、男子日本代表の同じくスクラムハーフの田中史朗選手を彷彿させる俊敏なプレー!
速くて性格なパスさばき!
身体の大きな海外選手にも低いタックルを武器に、果敢に繰り返していたことが評価されたようです!
チーム成績では1勝4敗ですが、フランスには14-72、アイルランドには14-24、オーストラリアには15-29と果敢に攻めています!
まったく刃が立たなかったわけではないですね!!

スポンサードリンク

まとめ

本日は日曜日のミライモンスターで紹介される高校生女子ラグビーの日本代表の津久井萌さんについて調べてみました。
5歳のときからお兄さんの背中を追いかけてラグビーを初めて、現在は、日本代表のスクラムハーフを務めるスーパー女子高生です!!
次の4年後の女子ラグビーワールドカップが楽しみですね!!
2021年ラグビー女子ワールドカップにオーストラリアが立候補しているようですよ!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連コンテンツ

2002年1月
    12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031