宇野昌磨の年収調査!ギャラは驚きの値段!でも家族はもっとすごかった!

この記事は2分で読めます

今回は、平昌オリンピックで金メダル獲得が期待される
宇野昌磨選手の年収について調査してみました。


nbsp;

家族がすごい!

祖父にあたる藤雄さん
洋画家という芸術家なんです。
宇野さんの表現力はおじいさまの血を受け継いでいるからかも
しれませんね!

弟のいつきさん
弟さんはアイスホッケーの選手のようです。
県選抜メンバーに選ばれるなど
兄弟揃って氷上のプリンスですね!

お母様はとても美人だと噂です!
かわいいお顔はお母様ゆづりでしょうか!

そしてお父様はとんでもないお金持ち。
こんな言い方はゲスかもしれませんが
フィギュアってすごくお金がかかるんです。
なので一流の選手のご家庭は
一般よりもお金持ちの事が多いんですが、
宇野さんのお父様は代表取締役!
株式会社ウィード
IT関係のようです。

トヨタへ就職!年収は?

フィギュアスケートは遠征費・宿泊費・衣装代など

とにかくお金のかかるスポーツなんです
プロとして活躍すれば、
それだけたくさんの報酬を獲得できると思われがちですが
日本の賞金だと

グランプリシリーズ

1位:18,000ドル

2位:13,000ドル

3位:9,000ドル

4位:3,000ドル

5位:2,000ドル

グランプリファイナル

1位:25,000ドル

2位:18,000ドル

3位:12,000ドル

4位:6,000ドル

5位:4,000ドル

6位:3,000ドル

四大陸選手権

1位:1,5000ドル

2位:9,000ドル

3位:6,000ドル

4位:4,500ドル

5位:3,250ドル

6位:2,500ドル

7位:2,250ドル

8位:2,000ドル

9位:1,750ドル

10位:1,500ドル

11位:1,250ドル

12位:1,000ドル

世界選手権

1位:45,000ドル

2位:27,000ドル

3位:18,000ドル

4位:13,000ドル

5位:10,000ドル

6位:7,000ドル

7位:6,000ドル

8位:5,000ドル

9位:3,500ドル

10位:3,000ドル

11位:2,500ドル

12位:2,000ドル

全日本選手権

1位:0円

2位:0円

3位:0円

なんだか思ってる以上にお安めな金額

賞金だけで生活と練習などしていくのは大変そう


nbsp;

オリンピック

オリンピックの優勝賞金はゼロです。

日本オリンピック協会(JOC)からの報酬はあるものの、

オリンピック側からの報酬はありません。

※JOCからの報酬は以下の通りです。

金メダル:300万円

銀メダル:200万円

銅メダル:100万円

年収

これを踏まえて計算すると

2017年

・世界選手権で銀メダル    (27,000ドル)

・四大陸選手権で銅メダル   (6,000ドル)

・グランプリファイナル銀メダル(18,000ドル)

・アジア冬季大会       (不明)

・世界国別対抗戦で金メダル  (200,000ドル)

※団体での賞金なので、例外。

 10,000ドルは確実に獲得しているので、

 少なく見積もって10,000ドル。

宇野選手の獲得賞金を計算すると、

27,000ドル+6,000ドル+18,000ドル+10,000ドル

=61,000ドル。

日本円にすると、6,710,000円ほど。

ここにトヨタからの賞金や給料が加算
憶測ですが、広告塔の金額も考えると
年収600万は硬いでしょうから
それを足すと・・・

まとめ

まだまだ若い宇野選手。
今後も輝かしい結果を出してくれる事でしょう!
まずは平昌オリンピックでメダル!!

応援しています!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連コンテンツ

2002年1月
    12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031