東京オリンピックで聖火ランナーになる方法は?一般からの応募方法と参加企業まとめ

この記事は4分で読めます

こんにちは♡

2018年2月、今は平昌オリンピックで

盛り上がりを見せていますが、

キム・ヨナさんも登場した聖火点灯式は

大変感動しました。

 

やはり2020年の東京オリンピックの聖火ランナー、

やってみたくないですか??

 

今すべきこと、どんな人が選ばれるのか、

一般の募集もあるのかなど、調べてみました。

スポンサードリンク

聖火ランナーへの応募

まず調査してみるとオリンピックにおける

聖火ランナーには”枠”が存在するようです。

 

・IOC(国際オリンピック委員会)枠
・JOC(日本オリンピック委員会)枠
・スポンサー枠
・開催国枠

 

一般の人の応募のチャンスがあるのが

JOC枠とスポンサー枠 

の2つになります。

スポンサードリンク

JOC枠

JOCは、近年の五輪開催国の傾向から、

公募を行うのはまず間違いないはずです。

 

直近で日本で行われた

長野オリンピックでは、

 

NAOC(長野オリンピック組織委員会)が一般ランナーを公募募集し、

1時公募で、各都道府県代表で一人ずつ計47人を選出されたようです。

とはいえ、1人に選ばれるのは相当運がよくないと無理ですよね。

 

その後2次公募もあったようで、

都道府県から2人1組の、

6組ずつ282組、合計564人がその後選ばれました。

少し可能性が見えてきたでしょうか?

 

また、ボランティアもかねて地元の人を集めたりもするようです。

日本で開催するオリンピックはそうそう体験できるものではない

ですし、是非ボランティアで参加するのもありかなと思います。

スポンサー枠

 

リオオリンピックにおいて、

 

コカ・コーラ

 

が、ランナーの公募を行い一般の人が招待されました。

スポンサードリンク

 

 

2020年東京五輪では

 

・コカ・コーラ

・トヨタ

・パナソニック

・ブリヂストン

 

 

などの企業がワールドワイドオリンピックパートナーに

上がっているようですので、

要チェックです

 

これらの企業以外でもスポンサー枠を抱えている可能性は大です。

日本の大手企業のサイトなどは要チェックですね!

私もわかり次第書き込んでいきます。

サイト

 

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

こちらのサイトで聖火ランナーの募集方法や応募の詳細が、

発表されるとあります。

 

2019年夏頃にはルートの大枠などが発表される見込みなので、

一般ランナーの募集なども2019年夏以降になるでしょう。

また、ルートやランナーの選定については、

都道府県ごとに実行委員会をつくって決める

という発表がありました。

 

ということは今回も各自治体ごと、各都道府県ごと

のランナーの募集があるかもしれませんので、

東京五輪組織委員会のHPと各自治体の情報両方に、

注意しておく方が良いと思われます。

 

 

あとはスポンサー枠なんですが、

長野オリンピックでも、リオオリンピックでも

コカ・コーラから聖火ランナーの

一般公募がありましたので、

ホームページはちょこちょこ覗き見が必要かもしれません!!

コカ・コーラのホームページはこちら

 

参加条件

 

過去の情報から見ると

参加条件がいくつかあるようです。

 

どの時間でも参加可能
1Kmを6分程で走れる人
年齢・国籍・性別は問わない
【ただし18歳未満は保護者の同意が必要】

スポンサードリンク

 

条件的には各世代にチャンスはありそうですね!!

走る距離

 

聖火ランナーの走る距離はどうなっているのかというと、

一定ではなく区間によって異なっています。

 

 

一般応募では、年齢や性別に制限していません。

その為、選ばれたランナーの体力などを考慮して距離を設定しているようです。

およそ数十メートルから数キロメートルの範囲なので、

普段から運動を心がけていれば走れる距離だと思います。

 

 

ただし、聖火ランナーは聖火を灯したトーチを持って走ります。

このトーチの重さは大会によって異なりますが、おおよそ1キログラム前後のようです。

トーチを片手に持ちながら走ると、距離を長く感じてしまうかもしれませんね。

まとめ

 

もし選ばれた暁にはかっこよく走るために今から少しづつ体力づくりを

始めるのもいいかもしれませんね!

案外聖火ランナーへの道はいばらではなく、可能性はあるのかもしれません!!

 

追記

 

2018年7月スタート地発表!

2020年に開催される東京オリンピックの

聖火リレーは、2020年3月26日に、

東日本大震災や原発事故からの復興を目指す

福島県からスタートし、

47都道府県を121日かけて回ることに決定しました!!

 

東京大会調整会議で組織委員会が示した

47都道府県を回る順番の案が了承されました。

 

ます福島県を2020年3月26日スタート

沖縄県まで南下

沖縄で折り返し、再び北上。

 

最後は開催都市の東京都で7月10日から24日までの

15日間行われる予定です。

 

聖火リレーの開催日数は

開催都市の東京が15日間

被災3県(福島、岩手、宮城)

オリンピックの競技会場が複数ある

埼玉、千葉、神奈川、静岡の各県が3日間

ほかの道府県は2日間

 

これに移動日を合わせておよそ4か月に及ぶ

121日間のリレーとなる予定です!!

 

聖火リレーの具体的なルートは、

各都道府県の実行委員会が

それぞれの案を年内に決め、

組織委員会は、

IOC=国際オリンピック委員会の

承認を得たうえで、

来年夏までに発表する。

 

聖火リレー日程

 

福島(3月26~28日)

栃木(3月29、30日)

群馬(3月31日~4月1日)

長野(4月2、3日)

岐阜(4月4、5日)

愛知(4月6、7日)

三重(4月8、9日)

和歌山(4月10、11日)

奈良(4月12、13日)

大阪(4月14、15日)

徳島(4月16、17日)

香川(4月18、19日)

高知(4月20、21日)

愛媛(4月22、23日)

大分(4月24、25日)

宮崎(4月26、27日)

鹿児島(4月28、29日)

~フェリー移動(2日間)~

沖縄(5月2、3日)

~フェリー移動(2日間)~

熊本(5月6、7日)

長崎(5月8、9日)

佐賀(5月10、11日)

福岡(5月12、13日)

山口(5月14、15日)

島根(5月16、17日)

広島(5月18、19日)

岡山(5月20、21日)

鳥取(5月22、23日)

兵庫(5月24、25日)

京都(5月26、27日)

滋賀(5月28、29日)

福井(5月30、31日)

石川(6月1、2日)

富山(6月3、4日)

新潟(6月5、6日)

山形(6月7、8日)

秋田(6月9、10日)

青森(6月11、12日)

~フェリー移動(1日間)~

北海道(6月14、15日)

~フェリー移動(1日間)

岩手(6月17~19日)

宮城(6月20~22日)

~高速道路移動(1日間)~

静岡(6月24~26日)

山梨(6月27、28日)

神奈川(6月29日~7月1日)

千葉(7月2~4日)

茨城(7月5、6日)

埼玉(7月7~9日)

東京(7月10~24日)

ネットより引用

スポンサードリンク

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

東京オリンピック聖火ランナーでジャニーズや有名人が走る区間や日程は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 毎日毎日、10km位を走っています!
    還暦を迎え、元気な老後の為に…
    又、同年代以上の元気を少しでも皆さんと分かち合う為に、聖火ランナーを、是非、お願いします!

      • wakiwaki56
      • 2018年 7月15日

      各年代それぞれ思いがあると思います!ぜひ応募してください!当選されるといいですね!コメントありがとうございました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連コンテンツ

2004年1月
    12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031