モルゲッソヨとは?平昌オリンピックの謎の銅像!作ったのはだれ?画像まとめ

この記事は2分で読めます

みなさん、こんばんは!
わくわく☆すたーダイアリ編集長のワンコロです。
本日は平昌オリンピックの謎の銅像、モルゲッソヨについて調べてみたいと思います。
日本のスポーツ紙が韓国のボランティアスタッフに銅像について訪ねました。
すると、『モルゲッソヨ』という言葉が帰ってきました笑

スポンサードリンク

モルゲッソヨとは!?

モルゲッソヨとは・・・このオブジェを作ったのは、作家のキム・ジヒョンさんが2009年に発表した『銃弾マン』という作品です。
キム・ジヒョンさんは絶対悪夢1という映画を作られているようです。
作家ですからね。

スポンサードリンク

さぁ!モルゲッソヨとは・・・・じつは、韓国語で・・・『わかりません』という意味でした。
ボランティアスタッフの方がモルゲッソヨって答えた理由がわかりますね。
みんな、こんな変な銅像・・・わからないのです!
この銅像、かなりインパクトがあって、メインプレスセンター前に設置された裸の男性3人が頭に兜のようなものをかぶっている銅像なのです。
スキージャンプの方向に向いています。
韓国って、悪趣味な銅像とか、人面鳥とか、平昌オリンピックにぶち込んできますね~笑

モルゲッソヨのコラボについて!

こういう発想しちゃいますよね。

スポンサードリンク

人面鳥とモルゲッソヨのコラボ・・・笑
下記に人面鳥について、詳しく調べていますので、ぜひ御覧ください!

これ、たぶん、売れると思いますよ!!
200円ぐらいだったら買いたいなぁ。

意味不明な画像です。

モルゲッソヨと人面鳥のコラボがすごい!!

スポンサードリンク

キム・ジヒョンさんは、銃弾マンでいろいろシリーズを作られているようです。

まとめ

モルゲッソヨについて調べてみました。
平昌オリンピックの開会式の人面鳥でもインパクトありましたが、またまた、韓国がすごい銅像をぶち込んでくれました。
モルゲッソヨは作家にとっては、『わかりません』という名前で不本意ですが、まぁ逆を見れば、日本でも稼げると思います!!
また新しい情報を入手しましたら、ご報告したいと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連コンテンツ

2002年1月
    12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031