横浜ストロベリーフェスティバル2018!出店情報と混雑状況まとめ

この記事は2分で読めます

今年もやってきました、ストロベリーフェスティバル!!
開催地は横浜赤レンガ倉庫!
時期は2月2日から12日まで。

スポンサードリンク

概要

このフェスティバルは“いちご”の新しい楽しみ方を伝えるイベントとして、2013年に初開催され、今回で6 回目になるようです。

毎年好評のいちご無料サンプリングが今回も実施されるようで、行くときはチェック!!
2017年にデビューした千葉県の新品種「チーバベリー」、いちご王国栃木県の「とちおとめ」と「スカイベリー」、いわき市産、福島県オリジナル品種「ふくはる香」の4種を日替わりで無料サンプリングされます。

サンプリング日程

■いちごの無料サンプリング
【チーバベリー】(千葉県)
サンプリング日:2/2(金)、7(水)、9(金)
※各日先着100名/お一人様1個限り/なくなり次第、終了

【ふくはる香】(福島県いわき市)
サンプリング日:2/3(土)、4(日)
※各日先着300名/お一人様1パック限り/なくなり次第、終了

【とちおとめ】(栃木県)
サンプリング日:2/10(土)
※1日先着400名/お一人様1パック限り/なくなり次第、終了

【スカイベリー】(栃木県)
サンプリング日:2月12日(月)
※1日先着400名/お一人様1パック限り/なくなり次第、終了

スポンサードリンク

楽しみ方

このフェスティバル、いちごが食べるだけでなく、雑貨やアトラクションにまでいちごになって会場に登場しますよ!
つまり!!大人だけでなくお子様も十二分にお楽しみいただけると思います。
また横浜赤レンガ倉庫内でもイベント期間中、カフェ・レストラン・物販店舗でもいちごにちなんだ飲食メニュー・アイテムを販売されるそうなので、
そちらも合わせて楽しみたいですね!

店舗情報

2018年は初出店の2店舗を含む過去最多20店舗が出店予定。
ここでしか食べられない限定いちごスイーツなどもあり、行列必須です。
テント内では横浜市内のいちご農家さんによる、毎朝採れたての新鮮ないちごの直売も行われています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

混雑情報

毎年人気のこのフェスティバル、土日は行列は必須で、さらに夕方には売り切れ店も続出するため、早めの参加がおすすめです。
また特設テント内で座れない事もしばしば。防寒対策は必須でしょう!!

まとめ

入場料は無料のこのフェスティバル!赤煉瓦周辺にもいちごの良い香りが溢れます。
また周りには観光スポットもたくさんありますので、ぜひ足を運んでみてくださいね!

体験レポートはこちら↓

ストロベリーフェスティバル2018の裏技?行ってきた感想レポート!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連コンテンツ

2002年1月
    12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031